スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

少年漫画

20091128175822
今さらですが、『BECK』にハマりました。
講談社漫画賞を受賞されたときからずっと読んでみたかったのです。一気に借りたので夢中で読んで一気に読み切りました。うわさには聞いていたけどこんなにおもしろいのかー!!(@▽@):゜・+。:*・'+,。音楽音痴の私でもかなり楽しめました。『BECK』を知る前と後ではバンドを見る目が変わります!まだ読んだことない方にも超オススメしたい!

超おもしろい漫画に出会うと何もしたくなくなるので危険なんですが、やっぱり知らないのはもったいないな。読んでみたかったけどまだ手を出していない作品を片っ端から読んでみたくなった…!

と、『GIANT KILLING』を読んだときにも同じような日記を書いた気がしますが。
そういう作品と出会うのは、最近は少女漫画以外が多くなりました。自分が描かないジャンルだからなのか、今の気分がたまたまそうなのか、とりあえず今まで少女漫画ばっか読んできたので新鮮に感じるというのもあるのかもしれません。あとは無知だからまず有名なやつを読んでるから(当然おもしろい)とかね。

とりあえず、『BECK』全34巻揃えるのはキビシイので、ガイドブックを買ってみたんですが(ガイドブック大好き♪)、なかよしにおられた頃パーティなどでお世話になった編集さんが『BECK』の担当編集者として登場していてびっくりしました。お懐かしい。

話がそれましたが、少年漫画を読むと、少女漫画との違いをすごく感じておもしろいです。
『仕事(夢)も恋も友情も』と、広くがんばる少女漫画の主人公に対して、好きなこと(夢や信念)にひたすらストイックに突き進む少年漫画の主人公。
一般的にモノローグ(もしくはそれに代わる心理描写)が多様される少女漫画は『共感』が重要で、主人公の世界の中で自分も一緒に泣いたり笑ったり成長していく(気分な)感じ。少年漫画は主人公が成長するたびにそこを取り巻く世界自体が変わって、読む側も引き上げられて一緒にステップアップする(気分な)感じ。
自分にないものに憧れるからか、少年漫画のストイックさがとてもかっこよく思えます。

女の子が『恋をするときれいになる』のなら、男の子は『自分の進む道を見つけるとかっこよくなる』のかもしれません。全国の中2男子に読ませたいな。『BECK』。

画像は、こちらも私の大好きな超人気少年漫画のコースターです。コミックスの帯に付いていた懸賞に当選したのです!ていうか応募したことを忘れていたので届いたときにびっくりしました。そういえば“非売品”と“描き下ろし”に惹かれて応募したんでした。まさか当たるとは!うれしい!(>v<)
…けど、缶なのでかさばるしもったいなくて使えないしで…若干困ってます(-_-;) 10枚もセットなんだもの。
 
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Comment form

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

大原彩

Author:大原彩
★WELCOME★
★COLORFULJAM★

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
FC2カウンター
リンク
このブログをリンクに追加する
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。