スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『陽気なギャングが地球を回す』

先週、珍しく文庫本を衝動買いしました。さらに、珍しく買ってすぐに一日半くらいでペロッと読んでしまいました。『ハリー・ポッター』最終巻を発売日当日に買っておきながら未だ封さえ開けていない私が!

伊坂幸太郎作品はこの読みやすいテンポの良さが大好きです。このテンポの良さは後を引きます!本から顔を上げて日常生活に切り替えるとき、日常の側が伊坂ワールドに歩み寄ってくれるような感覚を覚えるのです。自分が見て、感じるものを、彼のように軽やかな言葉で切り取ってみたくなります。
しかも読みやすいからといって内容が薄っぺらいわけではなく、よく練られた構成の巧さがあってこその軽やかさ!彼の作品は、全くなんって痛快なんでしょう!『アヒルと鴨のコインロッカー』もそうでしたが、読者の期待や予想を裏切ることにかけてはほんとにハンパないです。こんなに鮮やかに“してやられる”と気持ちいいです!
『陽気なギャング~』は銀行強盗のお話なのですが、そんな道徳に反するテーマでも不愉快さがないし、銀行強盗を肯定してしまいそうになることへの後ろめたさもありません(いい意味で)。フィクションとして理想的!
超おもしろかったです!

実は何年か前に映画も観たことがあるんですが、映画の方は鈴木京香さんのオプティカルワンピースやビビッドカラーのコートがかわいかったのと、たまり場の喫茶店のサイケなインテリアが印象的でした。逆に言うとそれしか覚えてないので、原作を読むにあたって顛末を忘れていてよかったと思いました。一応ミステリーだし。でも原作と映画とじゃ結末が少し違った気もするな??どうだっけな??
ぶっちゃけ原作の方がおもしろいです。やっぱり。


伊坂作品、このところ映画化や各種受賞などで有名になった作品もたくさんあるので、他にもいろいろ読んでみたいと思いました。とりあえず『陽気なギャング~』の続編があるらしいのでそいつから!
『アヒルと鴨~』の中村義洋監督と再タッグ&オール宮城ロケだという『ゴールデンスランバー』の公開も楽しみです!(^-^)♪
 
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Comment form

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

大原彩

Author:大原彩
★WELCOME★
★COLORFULJAM★

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
FC2カウンター
リンク
このブログをリンクに追加する
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。