スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『サン・ジャックへの道』

これも以前オススメされた映画です☆ 去年退職された上司と、映画の話をするのが大好きでした。『この間観て来た映画、よかったよ~』と、教えてくれるのはたいてい、私が雑誌などの紹介記事で気になっていた作品で、私は『いつかDVDになったら観よう!』とメモるのです。そうしてオススメされた映画はあまりハズレがなくて、いつも心地いい感動をくれます。
『サン・ジャックへの道』もおもしろかったです!

サン・ジャックはフランス読みで、スペインにあるキリスト教の巡礼地・サンチアゴのことです。
主人公は、母親の遺言でその巡礼ツアーに嫌々参加することになった仲の悪い3兄弟。サンチアゴまでの1500㎞を、安宿で寝泊まりをしながら約2ヶ月かけて山歩きの旅をします。
『巡礼の旅』なんていうとちょっと取っつきにくいイメージですが、全然そんなことはありませんでした。ツアー参加者も、好きな子が参加するからという不純な動機で参加した者もいれば、メッカへの巡礼ツアーだと勘違いしているイスラムの少年もいて様々で、山道で携帯電話の電波が切れて大騒ぎしたり、山のように持ってきた化粧品が重くて歩けなくなったり、家に残して来た家族が気になったり、みんなワガママな日常生活に縛られた超現代人です。自分だったら…耐えられないだろうなぁと(まず体力的に)思いながら観ていました。

でもそれが不思議と、だんだん『私もやってみたいかも…』に変わるのです。ひたすら歩き前に進むしかない状況で見えてくるのは、よけいなものがはがれ落ちた『芯』の部分。自分自身がシンプルになると、周りの人とも自然と穏やかに滑らかにつながれるようになるのかもしれません。『生きていくのに必要なものは、ほんのわずか』というフレーズが印象に残りました。私も巡礼の旅とかに行ったらシンプルにキュッと絞れるのかな…この散漫な人生が…!(@_@)

南フランスからピレネー山脈を越えて、大西洋を望むスペイン・サンチアゴまで、山も草原も古城も海岸も、道中の景色が素晴らしく美しかったのも見どころです。
旅のメンバーそれぞれのその後がちょっとずつ見えるラストもとても好き(^-^)
 
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Comment form

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

大原彩

Author:大原彩
★WELCOME★
★COLORFULJAM★

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
FC2カウンター
リンク
このブログをリンクに追加する
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。