スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『魔女の宅急便』

20090807225510
今さら!(笑)

もはや説明不要の国民的名作ですが。もちろん私も何度も何度も観ているんですが。でもやっぱり未だにテレビでやっていると観ずにいられません。ちょっとでもながら観でもとりあえずは観る。

この間は久しぶりに最初から最後まで観たら、自分の視点がちょっと変わったことに気付きました。
キキが旅立つ前にお父さんと話すシーンで泣きそうになったり、スランプに陥って山小屋にお泊まりするシーンで、ウルスラの話に共感したり。山小屋のシーンなんて、昔はあまり好きじゃなかったのになぁ。

初めて観たときは小学生だったのでもちろんのこと、それからしばらくも、『魔女の宅急便』は“小さな魔女の冒険”として青春ものみたいな感覚だったけど、実は“小さな魔女の冒険を見守る大人の物語”でもあったんだなぁと思います。キキがトンボを助けようと、スランプを乗り越えるシーンは、テレビの前のおソノさんや奥様&ばあやの気持ち。

平たく言うと自分が歳をとったってだけの話なんですが(笑)、それでまた新たな発見があってまた好きになれるところが、古びないジブリ映画の魅力だと思います。『おもひでポロポロ』とか『紅の豚』とかもそう!今ポルコ超かっこいいと思うもん!豚なのに!(笑)


そういえば原作では、キキはトンボと結婚して双子のママになるんだそうですね!キキも私たちと一緒に大人になっていたんだな~!原作を読んだことはないんですが、娘も魔女の道を歩むのかどうか、みたいな紹介文が書いてあって、『とき●きトゥナイト』が蘭世から愛良に主役交代したときのことを思い出しました。永遠のヒロインもいいけど、成長するヒロインも魅力的だと思います。ワカメちゃんは思春期を迎えたらどんな女の子になるんだろう、とかね。意外と小悪魔だったらどうしよう、とかね。

話がどうでもいい方向に逸れたついでにもう一つ、しばらく観ないうちに金曜ロードショーのオープニングが変わっていたのがプチ衝撃でした!いつから!???(@_@)
 
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Comment form

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

大原彩

Author:大原彩
★WELCOME★
★COLORFULJAM★

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
FC2カウンター
リンク
このブログをリンクに追加する
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。