スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『めがね』

20081002001310
『かもめ食堂』を撮った荻上直子監督の作品ということで、期待通りの独特の空気感が何とも言えずとても気持ちいい映画でした。癒された~(*´▽`*)

物語の舞台は、携帯電話も通じないとある海辺の小さな民宿・ハマダ。ハマダでの毎日は淡々としていて特別なことは何も起こりません。けれどそれが全く退屈に感じないのが素敵です!

毎年春になると島へやって来て、海岸でかき氷屋さんを開くサクラさん(もたいまさこさん)をはじめとして、ハマダを取り巻く人々はみんなちょっぴり風変わりですが、彼らについての説明も特にありません。でもそれでいいんだと思えます。

休暇でハマダへやって来たタエコさん(小林聡美さん)目線で、初めはハマダを変なところだと思っていたハズなのに、いつの間にかそこは、タエコさんにとっても映画を観ている人にとっても居心地のいい場所になっていきます。
何が変で何が普通か、とか、今までの価値観を捨てると大切なものに気付くんだと思います。気付くというか、もしかしたらみんな、本当は心のどこかで知っているハズのことなのかもしれません。“たそがれ方”を忘れているだけ。

与論島の景色がとても美しかったり、犬がかわいかったり、梅干しがおいしそうだったり、他にも好きなところはたくさんありますが、言葉で説明する映画じゃないと思うので、とにかく観てみてください!観たらわかると思います(^-^) 超オススメです!
 
余談ですが、のんびり穏やかなハマダの主人ユージさん役の光石研さん、先日観た『パビリオン山椒魚』ではキンジローを狙う悪党のボス役でわっるい顔して笑ってたばっかでした!(ばっかって…私の中でだけだけど)連続光石さんのあまりの両極端さに思わず笑いましたが、役者さんてすごいなぁと改めて思いました。

『めがね』に出ている俳優さんたちは、みんな存在感が素敵な人ばかりです。そしてもちろん全員めがね!それも見どころかもしれないです★(^w^)
 

関連記事
スポンサーサイト

Comment

Comment form

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

大原彩

Author:大原彩
★WELCOME★
★COLORFULJAM★

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
FC2カウンター
リンク
このブログをリンクに追加する
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。