スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

36回目。

3.11の大震災から、今日で丸三年経ちました。
黙祷をした午後2時46分には、遅めの昼食を終えてダイニングに居ました。

前にも全く同じ状況で、ブログにも同じことを書いた気がします。3年前のあの日もそうでした。意図的でなく、偶然です。

“ もうすぐ出かけるし” と油断して薄着のままでいたことや、日の陰り具合とか、いつのまにか雪が舞ったりする寒さとか、そんなこともあの日と同じだったりして、ああ...『3月11日の2時46分』なんだなぁ と、しみじみ感じてしまいました。

改めて、亡くなられた方々のご冥福をお祈りします。
行方不明の方々が、一人でも多く、一日も早く、ご家族の元へ帰って来られますように。


今日の午前中に、大谷海岸近くで行われた植樹式に行ってきました。


海が広く一望できる丘の上。
よく晴れて、海と空の青がきれいで、風が強くて寒い。これも去年と同じでした。

丘の一画には、亡くなった方々を悼む鎮魂の碑とお地蔵さまが立てられています。ここに避難して亡くなられた方もたくさん居たそうで、今も 多くの方が 花を手向け 手を合わせる場所でもあり、鎮魂の桜も植えられています。

今日植樹されたのは、一本のケヤキの木。まだ細くてちょっと頼りない若い木ですが、時を経て少したくましく成長してくれたとき、ここはツリーハウスの基地になります。
『ほぼ日刊イトイ新聞』の糸井重里さんが中心となって立ち上げられた100のツリーハウスプロジェクト。ニュースや地元紙などでその存在を知ってはいましたが、まさかこれが私の地元にもやって来てくれるとは!✨
『トム・ソーヤ』に出てくるハックルベリーフィンの家のような、わんぱくな匂いのする木の上の (というか木と一体の) 冒険基地です。

プロジェクトは東北の地に100のツリーハウスを建設することを目指すそうで、ゴールまでは長い長い道のりになると思います。
でも 道のりが長いということは、『現在進行形』の時間が長くなるということでもあり、関わる人が長く関わってくれる、興味を持ってくれる人が長く注目してくれる、ということでもあります。
作る過程も、出来上がって遊び場になってからも、人や地域を繋ぐキッカケになってくれたらいいなと思います ( ´ v ` )



作業は 主に植木屋さんと東北ツリーハウス観光協会のみなさんとが中心になって進められましたが、地元の人たちも含めたその場に居たみんなで、少しずつ土をかけました。



寿命の長いケヤキの木。
いつか大きな主のような大木になって、シンボルツリーとして人がたくさん集まる場所になってくれることを願って。
そしてその頃には、町も人も元気になっていることを願って。

ここから 海と町の復興を見守っていてほしいと思います。


関連記事
スポンサーサイト

Comment

Comment form

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

大原彩

Author:大原彩
★WELCOME★
★COLORFULJAM★

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
FC2カウンター
リンク
このブログをリンクに追加する
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。