スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

若沖が来てくれました



この展示タイトル、素敵ですね(´∪`)『来てくれてありがとう!』という気持ちになります:゜・+。:*・'+,。

というわけで、週末、仙台市博物館に若沖展を見に行ってきました。今回ももちろん、美術展と言えば!(私の中で)の、鹿子さんと待ち合わせです♪

不勉強ながら、伊藤若沖という画家を 去年テレビ番組の特集を見るまで知りませんでした。
そこで受けたイメージは『細部まで描き込む画風なんだな』という漠然としたものだったのですが、実際に見た若沖の絵は、その細密さもさることながら むしろ絵の構図の絶妙さが印象的でした。かっっこよかった!

日本画なので、展示されていた絵の多くは掛け軸や屏風だったのですが、若沖の作品は 中でも一際、見るものの心を掴む力がある絵だなぁと思いました。
大胆な筆運びで描かれた水墨画調の植物の その配置の仕方、
写真のように正確に描写されながらもデザインとしても美しく見えるニワトリの尾羽の躍動感、
組み合わせる動植物の 色合わせに至るまでの対比の妙、
技術云々だけじゃなく、その絵一枚一枚に詰まった全てのことにセンスを感じました。

大興奮でポストカードや特集冊子も買ってきましたが、やっぱり生の絵を見たときの感動を知ると知らないでは 印刷物を見たときの印象も違ったままだったろうなと思います。もっと近くで見たかった!
(※今回はほぼ全てがガラスケース越しの展覧でした。毎回近付き過ぎて係の人に注意される私たちにとってはちょっと遠かった… ←こういう人がいるからケースに入れるんだろうな…)

今回の若沖展は、アメリカのプライス夫妻という有名な江戸絵画のコレクターさんが『震災に遭った地域のみなさんを元気付けたい』という思いで企画してくださったそうです。入り口に展示してあったプライス夫妻からのメッセージボードを読んですでに泣きそうだったのですが、実際に展示を見たら本当に元気が出ました。

美しいもの、かっこいいもの、粋なもの。
日常の喧騒から切り離されて、純粋に自分の感覚だけに集中できることは、とても贅沢で幸せな時間です。
そして 作り手の心意気が感じられるものに触れられることも、気持ちが引き締まる栄養補給のような感じでした。

若沖の作品の他にも、美人画や植物、動物(なぜか虎が多かった)など、たくさんの江戸絵画を見ることができておもしろかったです。
西洋画については、ここ数年マイブーム(?)でいろいろ本やテレビ番組などもチェックしていましたが、日本画って意外と知らないんだなと思いました。そして意外と“おしゃれ”だな!と思います。

西洋画に比べると、立体的に見えることや写実的であることに重きを置いていなくて、建物が平面的だったり着物の柄合わせがかわいかったり、どこかグラフィカルでデザイン的。色味もシブめの和カラーで、筆遣いはとても繊細です。人物画に輪郭線があるのは漫画の絵のようで親しみがわきました。

日本画… いい! 新鮮でとても楽しかったです!

博物館常設のコレクションの浮世絵も素敵でした。『三代目市川團十郎』とかタイトルが付いた絵を見ると、歌舞伎も浮世絵も本当に昔々からあったものなんだなぁと思えて不思議な感動を覚えます。昔はこういうの全く興味なかったのにな~!(年取ったのかな~!)興味深くおもしろかったです。


それから 余談ですが、今回はガラスケースのおかげで『お客さま、もう少し離れてご観覧ください』は免れましたが、見知らぬおば様が源氏物語のトリビア(?)をレクチャーしてくれました。

昔は、良家のお姫様にとって 源氏物語は教養としてのたしなみの一つで、嫁入り道具としても必需品だったんですって。娘のために高額な源氏物語を書い揃えようと、親はお金の工面に苦労したんですって。そうして嫁いだ先にはすでに、他にも妻がいたりするのよねぇ~(おば様・談)って。
まさに源氏物語のような展開ですね…。

私たちが 源氏物語を題材にした絵の側で『映画は主演がかっこいいけど内容は…』とか話していたのを聞いて思わず声をかけてくれたんだろうな…(´w`) 『千年も昔の物語ですからねぇ』って… いえ、私たちも“映画化するといつも微妙だよね(残念)”と言っていただけであって、決して 源氏物語そのものがクソだとか言ったわけではないのですが… むしろリスペクトしておりますが… 見知らぬおば様、すみませんでした…


美術展ではやっぱり、あまりペラペラしゃべらない方が良いのかしら(-∪-;)
と思いつつ、鹿子さんと一緒にあれこれおしゃべりしながら見られることも大きなデトックスだったから 超楽しかったんだと思うのです。

元気をもらったのでがんばります♪♪

今度は美術館でゴッホ展があるそうなので、また行けたらいいな♪(^-^)
 

関連記事
スポンサーサイト

Comment

Comment form

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

大原彩

Author:大原彩
★WELCOME★
★COLORFULJAM★

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
FC2カウンター
リンク
このブログをリンクに追加する
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。