スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10月まとめ日記・2

→つづき

CA3H04680001.jpg

南三陸町のもう一つの復興商店街は、伊里前地区より店数も多くてちょっと規模が大きめ。食べ物屋さんが多いのでたくさんの人で賑わっていました。テレビや新聞などでもよく紹介されていたのでご存知の方も多いかと思いますが、ここの名物と言えば

CA3H0467.jpg
“南三陸キラキラ丼”です。
私は主役のイクラが苦手なので(意味ない…)、写メは父の頼んだキラキラ丼。

CA3H0465.jpg
商店街にはたくさんの飲食店がありますが、各店にそれぞれのキラキラ丼があって、お値段も手頃です。もちろん、私のようにイクラが食べられなくても、お蕎麦や天ぷらや軽食や 様々なものがあるので大丈夫です。むしろお腹を空かせて行くことをオススメします!

何より魅力的だなと思ったのは、商店街の中央に設けられた食堂のようなテラススペースでした。

CA3H0464.jpg

ショッピングモールとかにあるフードコートのイメージです。
仮設店舗はどうしても狭く、店内に入れるお客さんの数は限られています。でも店内が混んでいても外席があれば食べたいものが食べられるし、いろいろなお店のものを頼んで一緒に食べることもできるし、フードコートには屋根と開閉式のカーテン付きで雨の日も安心です。考えた人頭良い!!と思ってしまいました。
飲食店が、フードコートを囲んで一所にまとまっているのも便利です。

CA3H0463.jpg
特産のタコをモチーフにした町のキャラクター・オクトパスくん。
『置くと=パス』に掛けて受験のお守りとしてグッズが人気だそうですが、フードコートにはビッグサイズが祀られて(??)います。

他にも、ケーキ屋さん、花屋さん、文房具屋さん、復興関連のグッズを扱うお店など、たくさんのお店があってちょっとしたテーマパークみたい… とまで言ったら大げさですが(^_^;)、でも人がたくさん集まって、賑わって、活気のある楽しい場所でした。
復興関連グッズを、迷いすぎて結局何も買えなかったのがちょっと心残りなので、また行こうと思います。

どちらの商店街にも、様々なところの様々な人たちからの応援をいただいて今に至ったんだな と感じられるものがいっぱいでした。他県ナンバーの車がたくさんだったのも印象的です。


仮設商店街の賑わい。
何も無い街に残る基礎部分と 鉄骨だけの建物たち。
未だ地道な作業を続けてくださるボランティアの方々のカラフルなビブス。
水面も境界線も近くなった海。

アンバランスが全部が一緒に在ることでバランスを取っているような、“復興中”のまちでした。
こんなに側に住んでいても、テレビなどで『見る』のと実際に『行ってみる』のでは大違いなのです。


関連記事
スポンサーサイト

Comment

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Comment form

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

大原彩

Author:大原彩
★WELCOME★
★COLORFULJAM★

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
FC2カウンター
リンク
このブログをリンクに追加する
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。