スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

祝!(*;ワ;*):゜・+。:*・'+,。ロンドン五輪:゜・+。:*・'+,。

連日の暑さと深夜のオリンピック中継でフラフラのみなさん、こんにちは。それとも私だけですか。ついでに一昨日のユアスタ疲れも若干残っている月曜日です。

ロンドンオリンピックも半分が過ぎて、たくさんの『おめでとう』が生まれました。スポーツ観戦好きとしては、勝負一つ一つにいちいち感動してしまうので ブログに書くのは果てしなさすぎて(-_-;)あきらめていたのですが、今日は特別です!

フェンシングフルーレ男子団体、銀メダル獲得おめでとうございます!:゜・+。:*・'+,。

もうこれが超うれしい!!超~うれしいのです!!サッカーバカの私が今のところ全部の結果の中で一番うれしい!!!
特に正直に言うと…
ピンポイントで千田健太くん!!本っ当~におめでとうございます!(*;ワ;*)

思わず健太くんとか言ってますが、千田選手、別に知り合いなわけでも何でもありません。すみません。ただ、高校時代にお世話になった先生の息子さんなのです!ロンドンの会場で息子の試合を見守る姿が映ってましたね。先生もおめでとうございます!:゜・+。:*・'+,。

北京オリンピックのときも書きましたが、私の地元はフェンシングがさかんなところで(田舎なのに…)、私の母校も強豪校でした。(※今は統合されて共学校になってますが、今も強豪です。今年はインターハイ準優勝だったそうです!おめでとう!)
千田先生は、私の母校で長くフェンシング部の顧問をされていた方で、ご自身もモスクワオリンピック(日本が出場をボイコットしたため幻の)代表選手でした。今回フルーレ女子個人で北京に続く7位入賞を果たした菅原智恵子さんも、千田先生の教え子さんです。

そんなわけで、北京に引き続き2人のフェンサーをオリンピックへ送り出すこととなった地元は 当然、応援ムードが高まっていまして! 大会前の壮行会や、選手のご実家に集まってのパブリックビューイングの様子など、連日地元紙やニュースでその盛り上がりを感じていました。

個人戦では残念ながらメダルに届かず、『団体にかける』と言っていた、それを有言実行したことが本当にすごいと思います。卓球や水泳もそうですが、“個人で悔しい思いをした選手が、団体で実力を出し切って仲間と一緒に笑っている姿”がとても印象的でした。

テレビ番組などで過剰に期待を高める報道がされた挙げ句に『金メダルを取れなかった理由にせまる』とかいう特集が組まれていたりすると、もうほんとにガッカリげんなりします。一番悔しいのは本人なんだから、まわりがとやかく言うことじゃないじゃん!と思ってしまうのです。
だから“最高”でなくても、“せめてもの”結果で終われると、こちらも『ああ、よかったね』とホッとするのかもしれません。

で、どの選手の健闘もそれぞれに等しくうれしいのですが、千田選手がメダリストとなってテレビでもたくさん取り上げられているのを見たら、やっぱりバックグラウンドも知っている地元選手の大躍進は格別にうれしいものなんだなぁと思ったのでした。
代表に選ばれながらも不可抗力で大会に出場できなかった父の悔しさも、津波で亡くした大親友への想いも、千田選手が北京から積み重ねてきた全てのことをぶつけたロンドン五輪が、全国放送のトップニュースレベルで『やりきったのでスッキリしています』と笑顔でインタビューに答える姿で終われて本当によかった!
朝から情報番組をハシゴしては涙目です。もはや保護者目線!(会ったこともないのに)

と、本当は全ての競技の全ての選手にそんな様々な想いやドラマがあるはずなのです。メダルの期待がかかる選手や人気競技ばかりが特集されるのはある程度仕方のないことなのかもしれませんが、偏ってるな~と感じるのは、やっぱり北京のときから何も変わらないなぁ(´`)

北京のときも『特定の競技・選手だけでなくマイナー競技も、結果くらいは広く紹介してくれたっていいのに!』と歯がゆい思いをしました。太田雄貴選手が銀メダリストとなったことでもっと注目度が高まるかと思われた今回のフェンシングも、たいていが太田選手を中心としたダイジェストで、女子はほとんど取り上げてもらえず、ちょっと残念でした。
全員分掘り下げろとは言いませんが、dボタンでわざわざ一覧を見ない限り一度も名前が出てこない競技があったりすると、やっぱり寂しいもんなぁ。。。

でも見方を変えれば、例えばアーチェリーやフェンシングのように、ノーマーク気味だった競技で突然ヒーロー&ヒロインが生まれるのも『オリンピック』という大きな大会ならではのことで、それは観る側の楽しみであると同時に、競技する側のモチベーションにもなるのかなと思います。
今回もひっそり戦いを終えたような競技が、もしかしたら四年後に突然ブームになるかもしれないし、今回実力を出し切れずに涙をのんだ選手が、ひとまわり大きくなってリベンジを果たして笑っているかもしれません。
過剰な期待で埋め尽くして、負けた選手に謝らせてしまうような空気ではなく(結果を出した選手や競技を一過性の流行りものにしてしまうのでもなく)、いろんな観点での楽しみ方ができたらいいのになと思います。

…とか偉そうなこと言ってみましたが、個人的には今大会も十分楽しんでるんですけども!

今日は用事があって仙台に行って来たのですが、空いた時間にちまちま書いてたらこんな時間の更新になってしまいました…。朝のフェンシングの感動を書きたかっただけなのにいつの間にやら別の話に…おかしいな…。

あっという間にオリンピック中継の時間。今日は何をしながら観ようかな。
寝不足は続く…!
 
関連記事
スポンサーサイト

Comment

★お返事コメント★

☆HANRさん☆
弟さんも大学まではフェンシングでの活躍が新聞とかに載ってましたよね!友だちの弟くんと一緒に活躍してたので当時チェックしてました(^_^)v
でも今先生をされているとは知りませんでした!(というかHANRさんの娘さんもいつの間にそんな大きく…)

地元出身選手の活躍を祝福できるって、とても幸せなことですよね~(*´v`*)


★お返事コメント★

メッセージありがとうございます!(^-^)

こんばんは

俺も直接は知り合いじゃないんですが、千田選手の弟さんが娘のクラスの担任ってだけで勝手に親近感持ってました。

今日のパレードは見れなかったけどニュースで見てなぜか涙が←

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Comment form

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

大原彩

Author:大原彩
★WELCOME★
★COLORFULJAM★

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
FC2カウンター
リンク
このブログをリンクに追加する
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。