スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海とイラスト

寒中見舞い-文字なし リサイズ
今年の寒中見舞いに使ったイラストです。

寒中見舞いと言っても…すでに立春を過ぎてしまって、『これは何の便りなんだ』と 自分でもちょっと不本意だったんですが、先月友だちがくれた素敵なハガキに『余寒見舞い』とあって、なんて素敵な…!:゜・+。:*・'+,。と衝撃を受けました。そうか。大人はそういう言葉を使うのですね。今度からは私も余寒見舞いにしよう!
いや、間違えた。次からはちゃんと立春前に『寒中見舞い』を出します。

イラストのバックに使ったのは、地元・大谷海岸の現在の光景です。(2月上旬時点)
黒く堤防みたいに見えているのは積まれた土嚢で、近くに行くと予想以上の高さで海が見えません。なので、住宅地だった小高い丘の方にまわって写真を撮りました。土嚢の手前は 砂浜ではなく津波後整地されところで、枯れ木が生えている手前の足場は、きっとどなたかの大切な生活の場だった土地です。
津波によって景色をがらりと変えられてしまった海辺は とても切なく、悲しい想いを呼び起こす場所です。今でも、在りし日の些細な欠片を見つけるだけで泣きそうになります。
けれど同時に、こんなに姿を変えてしまっても、海をきれいだと思ってしまうし、大好きだと思ってしまうし、私にとっては不思議に特別な場所でもあります。これは★浜の海を散歩するときにもいつも思うことで、ちょっとフクザツです。

そんな、言葉ではうまく言えない感じを描いてみたくて、…こんな感じになったのですが。
言葉で難しいことは絵でもやっぱり難しいのでした…。当然ですね。

でも、このカードを受け取ってくれたみなさんから、“切ない感じ”と“明るい感じ”と、両方の感想をいただいて、何となく、私が海を見て思ったことが ちょっぴりは伝わったのかなぁと… 勝手に思っていたりするんですが。。。どうかな。そうかな。

夏に(PCが使えなくて)小さいサイズでしか載せられなかったカードも もう一回載せときます。角度は違いますが、今回のカードと同じ海です。
くどい?? だって自慢の海だったんだもん…(;_;)
’11.暑中見舞い-リサイズ


関連記事
スポンサーサイト

Comment

Comment form

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

大原彩

Author:大原彩
★WELCOME★
★COLORFULJAM★

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
FC2カウンター
リンク
このブログをリンクに追加する
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。