スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おしゃべり美術館


フェルメールからのラブレター展 を見に、仙台に行ってきました!
絵画展は、1人で見るのもいいけれど 感覚の合う友だちと一緒に見るとなお楽しい♪ということで、『レオナール・フジタ展』『井上雄彦展』に続いて、今回も鹿子さんと待ち合わせて行ってきました。楽しかった!:゜・+。:*・'+,。

フェルメール、一般的にはあまり有名じゃないのかもしれませんが(私の中ではトップランクですが)、コアなファンが多いのか、美術館行きのバスは駅前からすでに満員電車のような混み具合で、美術展の中ももちろんたくさんの人で賑わっていました。そしてまたしても、そんな大勢の人の流れを滞らせるようなペースで観賞してきてしまった私たち…。

だって、フェルメールを始めとした当時のオランダ絵画って、布の質感から光と影の描き方まで 細部にわたって本当に繊細で精緻で、じっくりゆっくり観察したくなるのです。何年か前に静物画の絵画展を見たときは、その精密さが不気味でちょっと怖かったりもしたのですが、今回は主に 人々の日常や家族をテーマにしたものだったので、オランダ絵画の中でも私の好きな部類の絵がたくさん見られてうれしかったです(^-^)♪

食卓や台所仕事や書斎など、生活の匂いがするワンシーンがリアルに描かれているのを見ると、その頃のその国の生活が見えるようでおもしろいなぁと思うのです。いつも傍らに犬が居たり(しかもやせ細ってる犬)、男の人の靴がサボみたいでかわいかったり、どこの家にもゴブランみたいな織物があったり。また、同じ『家族』をテーマにしていても、賑やかで雑然とした食卓の風景もあれば 粛然とした雰囲気の絵もあって、画家自身の生活環境や理想像が見える感じもおもしろかったです。

そういうディテールをいちいち鹿子さんと話しながら見るのが楽しくて、『前回(レオナール・フジタ展)のときもさ~こうやってガン見してて学芸員さんに注意されたよね~(笑)』なんて話していたのですが、なんと今回も言われてしまいました…!『もう少し離れて観賞してください』
まさかの2回目…!(笑)

今回はそんなに近付いてなかった(と思う)のにな~(フジタのときは自覚してますが)と、首を傾げつつ、その後はちょっと気をつけて観賞しました。でも『またやっちまった…(笑)』感が拭えず、しばらく笑いをこらえるのに必死でした。


今回フェルメールの絵は3点だったのですが、そのうちの一作、有名な“フェルメールブルー”が印象的な『手紙を読む青衣の女』という絵は、傷んでいた部分の修復を終えてからの世界初公開となるそうで、修復前と後を比べたパネルが紹介してありました。それを見たら色が全く違って、画家もすごいけど修復師もすごい! と感動してしまいました。

絵画展にこんなに興味を持ったのはフランス旅行のあたりからなんですが、生の絵は見る度に好きになります。モネやフェルメールなど、有名画家の作品を地元で見られる機会があるのは幸せなことだなぁ(´U`):゜・+。:*・'+,。
震災のあったこの宮城で あえての開催を決めてくれた関係者の方々に、心からお礼を言いたい気持ちです。
楽しかったー!オランダ行ってみたい♪♪(>U<)


そして毎度のことながら、鹿子さんと会うと話が尽きなすぎて帰りは酸欠気味です。いっぱい充電させてもらったので、明日からまたがんばろー!
 

関連記事
スポンサーサイト

Comment

Comment form

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

大原彩

Author:大原彩
★WELCOME★
★COLORFULJAM★

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
FC2カウンター
リンク
このブログをリンクに追加する
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。