スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『フィッシュストーリー』

映画日記書くの久しぶり!
これは 前に友だちの家に遊びに行ったときに一緒に観た映画です。原作は伊坂幸太郎さんの同名短編小説。友だちが原作本を貸してくれたのですが、やっぱり伊坂さんの物語 大好きだなぁと思いました。ちょっと言い方アレですが、『してやったり!!』みたいな気分にさせてくれるのです。何に対してかわかんないけど。

映画『フィッシュストーリー』は、地球滅亡の危機に直面した ある年のあるレコード店を舞台に、20年前と 30年前と 10年前と、3つの物語が語られます。ビビりキャラの下っ端運転手、解散目前の売れないロックバンド、寝過ごしたフェリーで事件に巻き込まれる女子高生。一見バラバラで何の関係もない物語とその登場人物たちが、時空を越えて一つの物語につながるラストシーンにヤラレます!エピソードが全て伏線!! みたいな伊坂作品の構成のセンスが大好きです
映画の中で『FISH STORY』の意味を知ると、この物語がますます“粋”に思えて、それも素敵!

映画はちょっぴり派手に味付けされた感がありますが、原作のテンポや色を損なわずに映像化されているのが良いなぁと思いました。そしたら 監督が中村義洋さんでした!やっぱりか!
『アヒルと鴨のコインロッカー』しかり、『ゴールデンスランバー』しかり、“伊坂幸太郎×中村義洋”のタッグがとても好きです(^▽^)♪


今夜はテレビで、その『ゴールデンスランバー』の放映があるようですね。確かこれ、3月に放送予定だったやつじゃないかと思うんですが、違うかな。震災直後、まだ事の重大さがわかっていなかったときに、『明日サッカーなのにな~』とか『来週のライブ行けないかも…』とか、のんきなことを考えていた中に『ゴールデンスランバー観ようと思ってたのに観れないわ』があった気がする。(今思うと とんでもない見積もり違いですね。のんきにもホドがある)
久しぶりに観ようかなー!

伊坂作品は映画も小説も何度も紹介していますが、また言います。
おもしろいのでぜひ観て(読んで)みて!!
ラストの落とし方が秀逸なので、映画は必ず最後まで観ることをオススメします☆(^ε^)
 
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Comment form

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

大原彩

Author:大原彩
★WELCOME★
★COLORFULJAM★

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
FC2カウンター
リンク
このブログをリンクに追加する
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。