スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

表面の薄い皮

今日は、バイト先の元同僚とごはんを食べに行ってきました♪またまたファミレス。そしてまた写メを撮り忘れる。

彼女と会って話すのは超久しぶりだったのですが、勤めていた会社が海の真ん前だったそうで、津波のときは屋上に避難して一夜を明かしたという話を聞いてびっくりしました。今回連絡を取るまでは、彼女の家は海の近くじゃないから大丈夫 と 漠然と思っていたので、自分の認識の甘さにも今さらドキリです。
彼女や彼女の勤めていた会社のみなさんが無事で本当によかった!

『まさかヘリコプターで救出されるなんて』、と、彼女は笑いながら話してくれましたが、後で、私も一緒に笑ってよかったのかしら… と、ちょっと考えてしまいました。

今回の震災では、本当にみんな、被災の仕方も現状も千差万別です。日常がだいぶ戻ってきて、しばらく会えなかった人たちと次々会えたりもしていますが、そんな普通の毎日の普通の会話の中に、震災や津波の話題は当然ゴロゴロ出てきます。
私はわりと被災が少なかった方だし、まわりには元気な人が多いので、いろいろ平気で話せてしまうのですが、自分が気づかないうちにデリカシーのないことを言ってしまったりしないように気を付けなければ と、この頃はよく思うようになりました。
ブログにも、自分ではその時その時に思ったことを正直に書いているだけのつもりでも、もしかして誰かを不愉快にさせるようなことを書いてしまっているのかもしれません。そういうの、見つけたら抗議コメントいただけると…ありがたいです。
って言うのも変なのかもしれませんが…。

あ、誤解のないように言っておきますが、今日会った彼女が実際に何かトラウマ的な話をしたとかではありません。元気そうで安心しました!(^-^)

お昼ごはんを食べた後、用事があって港の方に行ったのですが、帰りに道路が冠水して通れなくなっていてびっくりしました。地盤沈下の影響で 大潮の時期は満潮時に冠水する、というのはニュースなどでも知っていたのですが、実際に“今まさに海水が流れ込んできているところ”を間近で見たのは初めてでした。サスガに目の前で見ると、なんだか不気味でこわい光景。。。
さらに帰りに寄ったイ●ンでも、『北側出口(※川の近く)が冠水しますので、車を駐車中のお客様は正面側に移動してください』みたいなアナウンスがあって、それもプチショックでした。

道を通るにはちょっと迂回すれば問題ない話だし、イ●ンに行くときは北側出口を使わなければいいだけのことなのですが、港付近やイ●ンの裏側が冠水してしまう事実は消えないわけで、またしても、『日常が戻ったように見えるその皮一枚めくるとすぐ下に現れる震災の傷痕』を見たような気がしたのでした。

見方を変えれば、表面に皮ができただけでもだいぶ良い、とも言えるんですけども。

これからこれから。
 
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Comment form

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

大原彩

Author:大原彩
★WELCOME★
★COLORFULJAM★

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
FC2カウンター
リンク
このブログをリンクに追加する
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。