スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

苦難を悲劇にしない力

大宮アルディージャの塚本泰史選手が、先日、来季の契約を更新したというニュースを読みました。素晴らしい…! 新聞の記事を読んで思わずちょっと泣きそうに。。。
 
去年、大腿骨の骨肉腫と診断されて手術を受け、抗がん剤治療を続けていた塚本選手。今は人工関節に置き換えられた脚で、再びピッチに立つためにリハビリに取り組んでいるそうです。
 
コンスタントに試合に出場していても、より強力なライバルが現れれば活躍の場を失うのが当たり前という厳しいプロの世界で、サッカー選手の命ともいえる大事な脚にハンデを抱えてなおあきらめずに前を向く塚本選手… なんてかっこいいんだ! 
そして 復帰のメドも全く立っていない選手の復活を信じ、背番号を用意して契約を更新したチームの判断も、超かっこいい!
 
 
去年の仙台のホーム開幕大宮戦で、私たちも塚本選手へのメッセージに参加できたのも何かの縁だと思うので、これからも陰ながら応援していきたいと思います。てか陰じゃなくてむしろ出しゃばってでも応援しようと思います!こういう がんばっている選手とそれを支え励ますサポーターの存在は、病気と闘う人や夢を追う人に元気をくれると思うのです。
 
きのう無事アースマラソンゴールを果たした間寛平さんも、かっこよかった。
 
 
そんなニュースを見ると、よくあるフィクション“誰かが死んでハッピーエンド”的なあざとい悲劇が、ダサダサに見えてしまうのは私だけでしょうか。そういう安易な盛り上げ方。もうやめたらいいのにといつも思ってしまう。それを『感動ストーリー』とか言っちゃってるのもなんか違うと思うの…。
 
なんつって。超えらそうですが私。すみません。
※これは私の個人的な考えなので、もし『全く共感できない!』という方がいらしても どうか気を悪くなさらずに…(^_^;)
 
どうせフィクション作るなら、塚本選手や寛平さんがくれる元気みたいな力を目指したいと、思いながらも毎日日常をこなすのに精一杯のヘタレ仮漫画家なわけですが。
 
今日も寒いなー
 
 
 
 
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Comment form

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

大原彩

Author:大原彩
★WELCOME★
★COLORFULJAM★

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
FC2カウンター
リンク
このブログをリンクに追加する
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。