スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

36回目のひとり言

3月11日。
今年も、この日のために各地で様々な催し物や記念行事が行われ、報道陣も一気に増えて、テレビの特集番組を追いきれない日々が続きます。
それを受けて、日頃から小さく行ったり来たりしている私の中のいろいろな気持ちも、一層大きくうねる毎日。


震災の特集は『できるだけ見たい、見なきゃ!』と思う。
見たくもない、とも思う。

現状をもっともっと報道してほしいと思う。
反面、報道されていることが全てだと思われたくない、とも思う。

地元の声を取り上げてもらえると嬉しい。
でも 必ずしも真意は伝わらないんだ、ということに愕然とする。

当時のことや今ある問題については、話したいことはいくらでもある。
でもそれは、デリケートなことで、正解はわからないもので、議論は見るのも辛い。

ドラマチックに加工できる悲劇ばかりを探されても困る。
でも私の考えが及ばないだけで、それも必要なことなのかもしれない。

3.11付近ばかり 急に、日常をワントーン下げる感じになるのも変かな と思う。
でも楽しく過ごせていることが申し訳なくなったりもする。


たくさんの矛盾。


知らない人に、たくさん見て知ってほしいと思う。
知らないくせに勝手なこと言うな、とも思ってしまう。

そのたび、『私もな』と思う。


私は、震災で家族を亡くしたわけでもなく、家を無くしたわけでもなく、だいぶ運の良かった側の住人だと思います。
私なんかよりもっとずっと『渦中』と呼ばれる状況の中にいる方々は、もっとずっと大きくて重たい心労があるんだろうと思います。

それでも、3.11を巡る様々な報道に (勝手に) 振り回されてしまう自分がいて、
何かの意見を持つこと、それを発信することに、一つ一つに慎重になったり、感情的になったり。
かと思えばそんな自分を疑問に思ったり。
非常に疲れます (勝手に) 。


3月11日は、自分の無力さや情けなさを痛感する日でもあるんだ と思いました。

3.11への思いから派生する様々な気持ちや衝動と 否応なく向き合わされること。
面倒なことはいつも、自分の感情でさえもスルーしがちな私にとって、それは『3月11日』の持つ もう一つの大きな意味でもあるのかもしれません。


スポンサーサイト

36回目。

3.11の大震災から、今日で丸三年経ちました。
黙祷をした午後2時46分には、遅めの昼食を終えてダイニングに居ました。

前にも全く同じ状況で、ブログにも同じことを書いた気がします。3年前のあの日もそうでした。意図的でなく、偶然です。

“ もうすぐ出かけるし” と油断して薄着のままでいたことや、日の陰り具合とか、いつのまにか雪が舞ったりする寒さとか、そんなこともあの日と同じだったりして、ああ...『3月11日の2時46分』なんだなぁ と、しみじみ感じてしまいました。

改めて、亡くなられた方々のご冥福をお祈りします。
行方不明の方々が、一人でも多く、一日も早く、ご家族の元へ帰って来られますように。


今日の午前中に、大谷海岸近くで行われた植樹式に行ってきました。


海が広く一望できる丘の上。
よく晴れて、海と空の青がきれいで、風が強くて寒い。これも去年と同じでした。

丘の一画には、亡くなった方々を悼む鎮魂の碑とお地蔵さまが立てられています。ここに避難して亡くなられた方もたくさん居たそうで、今も 多くの方が 花を手向け 手を合わせる場所でもあり、鎮魂の桜も植えられています。

今日植樹されたのは、一本のケヤキの木。まだ細くてちょっと頼りない若い木ですが、時を経て少したくましく成長してくれたとき、ここはツリーハウスの基地になります。
『ほぼ日刊イトイ新聞』の糸井重里さんが中心となって立ち上げられた100のツリーハウスプロジェクト。ニュースや地元紙などでその存在を知ってはいましたが、まさかこれが私の地元にもやって来てくれるとは!✨
『トム・ソーヤ』に出てくるハックルベリーフィンの家のような、わんぱくな匂いのする木の上の (というか木と一体の) 冒険基地です。

プロジェクトは東北の地に100のツリーハウスを建設することを目指すそうで、ゴールまでは長い長い道のりになると思います。
でも 道のりが長いということは、『現在進行形』の時間が長くなるということでもあり、関わる人が長く関わってくれる、興味を持ってくれる人が長く注目してくれる、ということでもあります。
作る過程も、出来上がって遊び場になってからも、人や地域を繋ぐキッカケになってくれたらいいなと思います ( ´ v ` )



作業は 主に植木屋さんと東北ツリーハウス観光協会のみなさんとが中心になって進められましたが、地元の人たちも含めたその場に居たみんなで、少しずつ土をかけました。



寿命の長いケヤキの木。
いつか大きな主のような大木になって、シンボルツリーとして人がたくさん集まる場所になってくれることを願って。
そしてその頃には、町も人も元気になっていることを願って。

ここから 海と町の復興を見守っていてほしいと思います。


プロフィール

大原彩

Author:大原彩
★WELCOME★
★COLORFULJAM★

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
FC2カウンター
リンク
このブログをリンクに追加する
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。