スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

19回目。



先月、『地元の駅が壊されると決まって寂しい』という日記を書いたのですが、あっという間に工事が進んでしまいました。
今はもう、囲われた工事用ネットの向こうはただのコンクリート片の山です。寂しいな~(´`)


駅周辺だけでなく、津波の被害に遭って基礎だけになってしまっていた建物も、その基礎部分の取り壊し作業が進んでいます。★浜でも、センター跡地に重機とトラックが常駐して、先日中毎日コンクリートを砕く音が響いていました。

なので、このところはますます道が混んでいます。瓦礫関連やら三陸道(バイパス)の工事関連やら、国道だけでなく、農道などの裏道までも混んでいます。
三陸道工事などは特に、震災で着工が早まった一番大きな例だと思うので(沿岸部は国道一本ふさがったら迂回路が無いところが多いのです)、とてもありがたいことではあるのですが、最近その工事車両が増えたおかげでゴミが増えたという話を聞いてちょっとショックでした。しかも国道には一切そんなことはなく、裏道である農道沿いがひどいんだとか。。。
未だにたくさん来てくれているボランティアの方たちや、復興を支援しようという様々な働きをいただいていることや、表面には良いニュースがたくさんあるように思えるのになぁ~。実際に現地入りして作業する人たちがそんな心無い行動を取っていたら台無しです(`´)

どうせ再建するなら、より良いまちにしようと、みんなきっと思っているハズなのにな??

これからだいぶしばらくの間、こちらは ありとあらゆる工事でずっと混み続けるんだと思いますが、『どんな風になっていくんだろう?』と、まちの行き先に できればわくわくしていられたらいいのにな…
などと思ってしまうのは、やっぱりのんき過ぎるかな~私(´ε`;)
 
スポンサーサイト

しんみりクレマチス


先日 父方の大叔父が亡くなって、今日はお通夜に行ってきました。

画像は、その大叔父宅の庭のクレマチス。先月のお彼岸に、お墓参り帰りに寄ったときに写メったものです。花が終わった後にこんなかわいいぼんぼり(?)になるなんて知らなかった。マメで器用で何でもこなすおじさん宅は、庭の草木や家庭菜園も賑やかです。

けれど、おじさんが入退院を繰り返すようになってからは、おばさんも一人では暮らせないので家には誰もいなくなってしまいました。
震災後は、被災した祖父(おじさん的には兄)たちや親戚を含めて、10人もの人が定員オーバー気味に即席共同生活をしていた、崖のような高台の家。人がたくさん居たこの家の景色を知っているだけに、あれからたった一年半で誰も住まなくなってしまう家が、なんだかとても寂しく思えました。センチメンタルを促す秋ですし…。

祖父がいなくなり大叔父がいなくなり、あまりの目まぐるしさに家もびっくりしているんじゃないかな。。。(´`)


絵がとても上手で、器用で、自慢話が好きなおじさんでした。祖父とは微妙に仲悪いのに 震災前は毎日実家(祖父宅)にお茶飲みに通っていました。
なので、天国でまた毎日、祖父と仲良くケンカするんじゃないかなと思います。

早速じいちゃんの皮肉が聞こえてきそうな、真っ青に晴れた秋の一日でした。
 

プロフィール

大原彩

Author:大原彩
★WELCOME★
★COLORFULJAM★

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
FC2カウンター
リンク
このブログをリンクに追加する
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。