スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こべっこカーモ



神戸だから『こべっこ』で、カモメだから『カーモ』なのかな。

地元で開催されたコンサートイベントで父がもらってきた手作りクッキーに、かわいいメッセージが付いていました。あまりに感動したので思わず写メ!引っ張るとカモメ(たぶんカーモ)が飛び出して何やらほっこりします*(´U`)*

去年の震災後からずっと、全国・全世界からたくさんのボランティアや各種支援をいただいているわけですが、一年以上経った今もそれはコンスタントに続いていて、本当にありがたいことだなぁと思います。世の中優しい人っていっぱいいるんだなぁ~!

今日のイベントで参加者に配られたお土産は、様々なところからいただいた様々な支援や差し入れのものだったそうで、このメッセージ付きのクッキーもその一つでした。
だれだかわからないけど、神戸のどこかの児童館のしんのすけくん、ありがとう(;U;):゜・+。:*・'+,。キュンとしました


うちの父は『大漁唄い込み』という郷土芸能(なのか?? 昔、陸で待つみんなに大漁を伝えるために櫂で船底を叩いて唄いながら帰港したという漁師の唄)の保存会に入っているので、その関連で様々な場所の様々なイベントに参加させていただいています。おかげでたくさんの方々にご縁ができたり、普通なら有り得ないようなことも経験させていただいたり、『流れ』ってすごいなと思います。
あんなにも、全てを断ち切るような大災害だったのに、それをキッカケにして切れたものより 繋がったり広がったりしたものの方が多いんじゃないかと思うくらい。(※あくまで私の感覚としての話なので、これを読んで不快な思いをされる方がいらしたらすみません)

子どもたちが国内や海外の様々な地域に招待されて、ホームステイしたりキャンプしたり の話もたくさん聞きます。楽しいことに招待されれば震災で受けたショックやストレスが消えて無くなるわけでは もちろんないけれど、本当に『楽しかった!』と笑う子どもたちをたくさん見ているので、優しさを向けてくれる側にもそれを受ける側にも、温かい気持ちが生まれる良い機会なんじゃないかなと思います。

復旧とか復興とか大きな話になると、まだまだ問題は大小様々山積しているわけですが、人と人同士の日常レベルのことでは、こういう流れの中で 痛みも優しさも知った子どもたちが、大人になって同じ温かい流れを作ってくれたらいいな などと思うのです。


…カーモのカードからだいぶ話が壮大に逸れてしまいましたが…

ところで 携帯で『こべっこ』と打ったら予測変換で即『こべっこランド』と出てきたんですが(カードに書いてあった名前)、何か有名なのかな??
 

スポンサーサイト

休み明けのキラキラ


お休み明け久しぶりの仕事、上司にお土産をいただいてしまいました!マウスパッド…ミュシャ!
私がミュシャ好きとはご存知なかったそうなのでたまたまなのですが、超ツボだったので わー!ってなりました(私の好むものってそんなにわかりやすいのか!)
消しゴムはダリの“溶ける時計”をモチーフにしたもので、これもおもしろくて素敵です♪
パッケージから察するに、岩手県立美術館のミュージアムショップのものだと思うのですが、ミュージアムショップの雑貨っておもしろいものが多くて大好きなので、とてもうれしかったです(^-^)♪♪

上司がお疲れの様子だったので、お盆休み前にウ●ンの力(笑)を差し入れしただけなのですが… 逆にこんなにいただいてしまって申し訳ないようなありがたいような…!

大切に使わせていただきます(´U`):゜・+。:*・'+,。


今日は、職場に後輩(と言っても10コ以上も年下ガール)が遊びに来てくれて こちらもとてもうれしかったです。元々かわいかったけどますます綺麗になっていてドッキリしました。

彼女は今、自分の夢に向かって進んでいるまさにど真ん中に居て、それは中学生の頃からずっと目指していた進路で、その、これから先に広がる可能性や世界の大きさを思ったら とてもキラキラ眩しく見えました。若さが眩しいというだけでなく(笑)

小さい頃から知ってる子ががんばっている姿・どんどん成長していく姿って、なんでこんなにも嬉しく力をくれるものなんでしょう!
先日の 母校のフェンシング部の子といい、他にも今年はそういう頼もしくうれしい再会がたくさんありました。その度に、嬉しく誇らしく、私自身も生き返るような(別に死んでませんが…)新鮮な気持ちにさせてもらえています。
幸せなことだなぁ~:゜・+。:*・'+,。

私もみんなに負けないようにがんばらなくては!(^▽^)
 

夏休み終盤 の定番。

しまった、もうこんな時間です。日付変わってしまった!

今日も暑い一日だったので、少し涼しくなった夜にいろいろ始めようと部屋にこもったわけですが、気付いたら机まわりとかの大整理してました。
やらなきゃいけないことを前に『これだけやっちゃってから…』と 無意味なことを始めるこの感じ、中学生のテスト前から進歩ナシ!もしくは時期的に夏休みの宿題…!

何年ほったらかしていたのかわからないような場所を片付けた(というか思い立ってガーッとほぼ捨てた)のですが、奥の方から予想外のものが登場したりして一人で『わー!』とか『えぇー!?』とか『ひぃー!!』とか言っていたら、帰省中の妹(隣の部屋)に『ねぇ、ずっとしゃべってるね?』と言われました。
…そうね。
だって中学校の頃の日記帳とか出てきちゃったんですもの…。昔の自分、文のセンスとかが気持ち悪すぎてその塊である日記帳なんて超ホラーです。こえー!!(@_@;)

だいぶスッキリはしましたが、明日からも続きの大片付けやりたいくらいですが、今日やろうと思ってたことは何も終わってないので明日はちゃんとやらなければ…。

あ、日付変わったのでもう今日ですね。今日、私の夏休み最終日。
 

40plan

CA3H0439.jpg

この間 原画展で仙台に行ったときに、鹿子さんと一緒に行ったカフェです♪

本来の目的のお店がお休みでたまたま見つけたお店だったのですが、どこかで見たことがあると思ったら、いつか『このへんトラベラー』(※地元のいろいろなお店を紹介する深夜番組。仙台バージョンはトータルテンボス&オリエンタルラジオのコンビ)で紹介してされていたお店でした!

内装やインテリアの色使いがヨーロッパの田舎風(?)でおしゃれでかわいくて、置いてある小物や絵本などもセンス良く、広くはないけれど居心地の良いお店でした(^-^) “インテリアも雑貨もカトラリーもこだわって好きなものだけ集めました”風なお店って大好きなのです!憧れる〜 :゜・+。(´U`pq):*・'+,。

CA3H04380001.jpg
ごはんも美味しかったです。手前がデミオムライスで、奥が夏野菜カレー。野菜たっぷりなのも女子好み!

それから ここはマフィンが看板メニュー(?)でもあるらしく、自宅ではあまり作れないような取り合わせのマフィンがたくさんありました。焼き上がる度にカウンターに並ぶマフィンたちと漂ってくるバターの匂いにつられて…

CA3H0440.jpg
お土産に抹茶&小倉のマフィンを買いました。旨かった

普段仙台に行くときは、だいたいが買い物(必要時間=無限)か サッカー(席取りに列ぶところから始まるので一日がかり)なので、往復5時間かけて行くにはいつも時間との戦いな感じで、目的地で用を足すのに精一杯です。

なので、仙台在住の鹿子さんと待ち合わせて原画展や美術館に行くときは、ちょっとしたスキマの街歩きもオマケ的な楽しみです(^v^)♪地元にも巡るほどカフェがあったらいいのにな〜!
そもそも車じゃないとどこにも行けないので『街歩き』になりませんが…(-_-;)


それはさておき。

せっかくお店のカードをもらってきたので、URL貼っときます♪仙台にお住まいの方はゼヒ!

40計画 http://40plan.com/
 

まったり盆

お盆休みは毎年、一斉に帰省する親戚や友だちと どうにか少しでもたくさん会えるようにと、予定調整に忙しくてぐったりするのが定番なのですが、今年は曜日配列の関係もあってかそれがほとんどありません。毎年恒例だった★浜のお隣地区の海岸祭り(ローカル盆踊り的な)もそう言えばやってない。14日にこんなにのんびりしたの何年ぶりだろう~!:゜・+。:*・'+,。

ということで、お墓参り以外は心ゆくまでダラダラ過ごした今日でした。
いっぱいいろんな人に会って忙しく遊ぶのももちろん楽しいんですが、長期休みってそれで逆に平日より疲れたりもするので、休みを前に予定にゆとりがあるって素晴らしくわくわくするな!:゜・+。:*・'+,。後回しにしてしまっていたことをたくさんやれるといいな!


rw_120814_183159-.jpg

auのRun&Walkで走行データを出すと、地図上ではいつも海の上を歩いていることになっている私の海散歩(なんでだろう)。今日は珍しく海岸(漁港の荷揚げ場)の端っこまで行って、防波堤の向こう側を写メってみました。
以前は、崖の付け根に石段があって、この堤防を乗り越えた向こう側に降りられたのですが、今日はちょっと覗いたら海面が思いの外高くて、身を乗り出すこともできない感じでした。地盤沈下の影響なのか満潮だったのか…ここから岩場に波が打ちつけるの見るの 好きだったんだけどな。
よく釣りに来ているみなさんは怖いもの知らずだな…

…私もかな…
 

羽海野チカ原画展!


土曜日に行って見てきました!去年東京で開催されたときから、『仙台にも来てくれないかな~!』と ずっと待っていた原画展だったので、見て来れて幸せでした!(>U<) 超素敵だった!:゜・+。:*・'+,。

仙台で美術館やイラスト展といえば、今回もやっぱり鹿子さんと待ち合わせです♪素敵なものは一人で見ても素敵なことに変わりはないのですが、やっぱり心ゆくまで語りながら見れる人と一緒だと楽しさ倍増な気がします!今回もどれだけ列を滞らせ&どれだけ後続のみなさんに追い抜かれながら見たことか…(苦笑)

会場は三越内のギャラリーで、あまり広くないし、会期が一週間だし、どんなに混むか と覚悟して行ったのですが、お盆近くということもあってか街なかにも人は少なめで、わりとゆっくりじっくり見ることができました。というか会場の作りも狭さを感じない素敵な設営だったので!

展示されている原画の素晴らしさもさることながら、『ハチクロ』ブースでは壁一面青空模様のスペースに竹本くんの自転車(細部までホンモノ!)が再現されていたり、『3月のライオンブース』では物語の舞台である月島のお散歩マップになぞらえた展示になっていたり、羽海野チカワールドを“体感”できるようになっていたことが大きなときめきポイントでもありました(´U`)

そして何より、ハチクロの未公開番外編(生原稿!!!)と漫画のアイディアノート、さらにはネーム(※ネーム=絵コンテのようなもの)の第一稿から完成版までの過程展示が!:゜・+。:*・'+,。

生原稿には、作者さんやアシスタントさんの生の温度があると思います。細部にまでこだわって描きぬかれた世界観、無機質な資料写真を温かい『物語の1ページ』に変換するセンスと技術、作品やキャラクターに対する情熱と愛情がつまっていて、それが伝わる気がしました。
漫画で読んでもすごいけど、原画にはやっぱり直で見る者の胸を打つ特別な力があるんだと思います。

ネーム展示に至っては、2人でほぼ泣きながら見ました(-∀-;)。
きっと漫画で読んでも泣けるようなシーンだったのですが、いくつもの言葉を重ねて重ねて頭の中のイメージを吐ききって、それを一番うまく伝わるように取捨選択していく工程を見れたことでよけいにぐっときたのかもしれません。
どんな物語も、魔法のようにポンと生まれ出でているわけじゃなく、こうして作者の努力と苦労と またしても情熱によって産み出されているんだ と思いました。
そのことを惜しげもなくさらけ出す羽海野チカという漫画家さんの姿勢というか覚悟というか、そういうのが感じられた気がして(しかも『どーだ!』じゃなく当たり前のこととしてシャンと居る感じで)、なんだか神々しくさえ思えてしまいました…

とか大ゲサな感じで言ってますが…
本気で何かに向かったことがある人とか、そういうものから逃げ出してしまったことがある人は、きっと同じことを感じると思います。(私がどちら派なのかは…ご想像にお任せします…。バレバレ…)

行ってよかったです。

グッズも、一つ一つ『楽しみながら作ったんだろうな~!』という感じがして、こちらも楽しかったです。漫画のグッズでありながら普通に雑貨屋さんでもイケそうなクオリティの高さで、いろいろ迷ってポストカードやメモパッドを買ってきました。でももっと買えばよかった!

画像は、入場のときもらったチラシ&チケットと、ポストカード。もったいなくて使えません

会場で平積みされていたイラスト集は、東京会場では完売だったそうです。私は発売当時からすでに買って持っているのですが、久しぶりにまたじっくり見てみたくなりました。見よう♪♪(^-^)
そして漫画も全部揃えてしまいたくなった…。どうしよう…どっちも長いな…


羽海野チカ原画展『ハチミツとライオン』仙台展は15日までだそうで、あとちょっぴりしかありませんが、行けそうな羽海野ファンはぜひ!(^▽^):゜・+。:*・'+,。
 


恒例・キッチンお籠もりの日



オリンピックに夢中になっているうちに、気付いたらお盆目前です。8月13日は毎年、団子やら天ぷらやら一日中台所で何か作ってる日。毎年書いてる気もしますが、今年も例にもれずです。

まずは来客用のケーキから。日持ちとか冷蔵庫のスペースとか考えると凝ったものや保存が面倒くさいものは作れないので、またいつものチーズケーキです。…楽チンだけどちょっとつまんない…

焼き上がりはぶわっと膨らんで、少し冷めるとあっという間にしぼむので、たまには写メってみました。ちょっとブサイクですが失敗ではないのです(^ε^;)
 

やじうまパレード


ツイッターにも書いたのですが、港祭りのパレードを見に行ってきました。港祭りの というか、フェンシングの選手たちの凱旋パレードを見に…!(笑)

たまたま居たところがパレードの出発地点だったらしく、車が準備される前から居たのでベストポジションで撮らせていただくことができました!私の横で『こっち向いて~』としきりに叫んでいたオバチャンたちのおかげです!(笑)
選手たちが目の前でパレード車(自衛隊の車だった!)に乗り込み、出発までの間、どんどん増える沿道の人たちに手を振ったりポーズを取ってくれたり握手してくれたり、たくさんファンサービスをしてくれるのを超間近で見ることができました。みなさん超かっこよかった!

後続の車には、インターハイ準優勝の楯を掲げた母校のフェンシング部の女の子たちが乗っていて、中に知っている子が居たのでそれも見たくて最前列に張ってたというのもあるのですが、手を振れたのでよかったです!彼女も私に気付いてくれたような気がするけどどうかしら。気のせいかな。私が知っている頃からかっこよかったけど、今日はまた一段と、とってもキラキラして見えました。がんばってるんだなーうれしいなー(^-^)
インターハイ準優勝おめでとう!:゜・+。:*・'+,。

パレードが出発する頃には沿道の人もだいぶ増えていたので、私はそのまま中心部を抜けて本来の目的のお盆用の買い出しに行きましたが、途中で中学の同級生2人に立て続けにバッタリ会ってびっくりしました!2人とも“良いママ”してました
ツイッターでも、各方面の友だちがパレード付近に居るらしいことがわかったり、買い物中も次々に浴衣姿の知り合いに遭遇したり、やっぱり何だかんだ言ってもみんな集まるんだなぁと思ってちょっとおもしろかったです。
そういうのも含めて『楽しい夏祭り』なんだな(^-^)


メダリストとして凱旋帰国してのハードな日程の中、『千田の故郷に』と はるばる一緒に来てくださった選手のみなさん、本当にありがとうございました!(本っ当に遠いのにここ!!!)
そして千田健一選手、菅原智恵子選手、地元に明るい話題を持ち帰ってくれてありがとうございます(;U;) 母校の誇りです!:゜・+。:*・'+,。
 


17回目。

震災から一年と5ヶ月、というよりも、去年の鎮魂花火から一年経ったのか!という印象の8月11日です。今年も花火が上がります。ちょっと曇り空だけど大丈夫かなー??

去年の花火は、とても大きくクリアに見えました。ドン!という音が一発ずつ胸を打つみたいに響いて、大きな花火の光は、遮るものが無くなった空を埋めるように、夜いっぱいに広がっていくような感覚でした。いろいろなことを考えながら、花火がきれいなことがそれだけでうれしかった気がします。
『花火見に出かけてる場合?? 不謹慎??かな』と迷ってしまうような時期だったので、街の人がたくさん花火見物をしているのを見て“日常に戻る方向を見ている人ももうこんなにいるんだな”と、ちょっとホッとしたのも覚えています。あと超蚊に喰われた思い出…(-_-)

去年開催できなかった『港祭り』は、今年2年振りに復活しますが、肝心の『港』が無くなってしまったので、街なかの商店街に場所を移して行われるそうです。
漁船の停泊する港に出店が並び、湾内でカッター競争や海上うんづらなどが繰り広げられる港町ならではの本来の祭り光景は、まだまだ簡単には戻らないのかもしれません。

でも、『港祭りに彼氏と一緒に行ってみたいよね~』とか話してる中学生や、“はまらいんや(※『参加しませんか!』的な意味のダンスパレードみたいの)”の練習の話などが耳に入ってくると、やっぱりこの街の夏はこうでなくちゃいけないのかもな!という気分にもなります。

去年より今年、今年より来年、この『港祭り』も、少しずつ『日常』を取り戻していくためのアイコンの一つになればいいなと思います(^-^)

…ベガルタ後援会のグッズ(&ビール)ショップ、今年もやりたかったな~(´ε`) 来年はやれるといいな!


ところで ロンドンオリンピック銀メダリストのフェンシング団体4騎士たちが、揃って千田選手の故郷である気仙沼に凱旋するというのは本当なんでしょうか!明日なの?祭りの最中なの?超見たいけど超混みそう…!
(ミーハーが治りません)
 

続きを読む »

話題の…


『ヘルタースケルター』、観たかった!

きのう、3ヶ月に一度の定期的な用事で仙台に行ってきました。いつも行くところの近くに単館系の映画館があって、今 ちょうど『ヘルタースケルター』をやっているのですが、時間が合わなくて観れませんでした。残念(´`)

なのでパンフレットだけ買ってきたのです…。パラパラ見たら“ザ・蜷川実花!!”という感じがして わ~ ってなりました。でもほんとはパンフレットは映画を観た後でゆっくり読みたい派なので、とりあえず読まずに保留。。。

映画を観る前に原作を読みたくて買っていたのですが、噂通り(以上??)のスゴイお話でした。なんというか…私からはまず絶対に生まれない物語だなぁと…(笑)。
何がどうすごいって、上手く説明できないのですが、世界観というか思考回路というか、とにかく全てが、ガーン!と突き抜けている感じがしました。『リバーズ・エッヂ』を読んだときも思いましたが、それよりもいろんな値が強い印象です。
あの漫画家さんやあのアーティストさんがリスペクトしているというのも納得!岡崎京子という漫画家さんの存在の大きさを、今さらながらに知ることができた気がします。

というわけで、もともと蜷川実花さんの作品は好きだし、ますます映画を観たくなっているのです。


ところでワイドショーなどで この映画は、何かとお騒がせな沢尻エリカさんの女優復帰作という観点で話題になったりしていますが、純粋に作品を楽しみにしている側としては そういう変な取り上げ方しないでほしいなぁと思ってしまいます。。。それはそれ、これはこれじゃん!と。
“ブッ壊れていく完璧な女の子”りりこ、沢尻エリカ嬢ハマると思うなぁ!やっぱり観たい…!

県内では、きのう行ってきた映画館でしか上映しないみたいなのですが、仙台でゆっくり時間とれる日ってあるかな…(近頃仙台=サッカーばっかりだからな…)
終了日はまだ決まっていないそうなので、期間中に観れたらいいな~
そしたら映画日記書きます(^-^)
 

祝!(*;ワ;*):゜・+。:*・'+,。ロンドン五輪:゜・+。:*・'+,。

連日の暑さと深夜のオリンピック中継でフラフラのみなさん、こんにちは。それとも私だけですか。ついでに一昨日のユアスタ疲れも若干残っている月曜日です。

ロンドンオリンピックも半分が過ぎて、たくさんの『おめでとう』が生まれました。スポーツ観戦好きとしては、勝負一つ一つにいちいち感動してしまうので ブログに書くのは果てしなさすぎて(-_-;)あきらめていたのですが、今日は特別です!

フェンシングフルーレ男子団体、銀メダル獲得おめでとうございます!:゜・+。:*・'+,。

もうこれが超うれしい!!超~うれしいのです!!サッカーバカの私が今のところ全部の結果の中で一番うれしい!!!
特に正直に言うと…
ピンポイントで千田健太くん!!本っ当~におめでとうございます!(*;ワ;*)

思わず健太くんとか言ってますが、千田選手、別に知り合いなわけでも何でもありません。すみません。ただ、高校時代にお世話になった先生の息子さんなのです!ロンドンの会場で息子の試合を見守る姿が映ってましたね。先生もおめでとうございます!:゜・+。:*・'+,。

北京オリンピックのときも書きましたが、私の地元はフェンシングがさかんなところで(田舎なのに…)、私の母校も強豪校でした。(※今は統合されて共学校になってますが、今も強豪です。今年はインターハイ準優勝だったそうです!おめでとう!)
千田先生は、私の母校で長くフェンシング部の顧問をされていた方で、ご自身もモスクワオリンピック(日本が出場をボイコットしたため幻の)代表選手でした。今回フルーレ女子個人で北京に続く7位入賞を果たした菅原智恵子さんも、千田先生の教え子さんです。

そんなわけで、北京に引き続き2人のフェンサーをオリンピックへ送り出すこととなった地元は 当然、応援ムードが高まっていまして! 大会前の壮行会や、選手のご実家に集まってのパブリックビューイングの様子など、連日地元紙やニュースでその盛り上がりを感じていました。

個人戦では残念ながらメダルに届かず、『団体にかける』と言っていた、それを有言実行したことが本当にすごいと思います。卓球や水泳もそうですが、“個人で悔しい思いをした選手が、団体で実力を出し切って仲間と一緒に笑っている姿”がとても印象的でした。

テレビ番組などで過剰に期待を高める報道がされた挙げ句に『金メダルを取れなかった理由にせまる』とかいう特集が組まれていたりすると、もうほんとにガッカリげんなりします。一番悔しいのは本人なんだから、まわりがとやかく言うことじゃないじゃん!と思ってしまうのです。
だから“最高”でなくても、“せめてもの”結果で終われると、こちらも『ああ、よかったね』とホッとするのかもしれません。

で、どの選手の健闘もそれぞれに等しくうれしいのですが、千田選手がメダリストとなってテレビでもたくさん取り上げられているのを見たら、やっぱりバックグラウンドも知っている地元選手の大躍進は格別にうれしいものなんだなぁと思ったのでした。
代表に選ばれながらも不可抗力で大会に出場できなかった父の悔しさも、津波で亡くした大親友への想いも、千田選手が北京から積み重ねてきた全てのことをぶつけたロンドン五輪が、全国放送のトップニュースレベルで『やりきったのでスッキリしています』と笑顔でインタビューに答える姿で終われて本当によかった!
朝から情報番組をハシゴしては涙目です。もはや保護者目線!(会ったこともないのに)

と、本当は全ての競技の全ての選手にそんな様々な想いやドラマがあるはずなのです。メダルの期待がかかる選手や人気競技ばかりが特集されるのはある程度仕方のないことなのかもしれませんが、偏ってるな~と感じるのは、やっぱり北京のときから何も変わらないなぁ(´`)

北京のときも『特定の競技・選手だけでなくマイナー競技も、結果くらいは広く紹介してくれたっていいのに!』と歯がゆい思いをしました。太田雄貴選手が銀メダリストとなったことでもっと注目度が高まるかと思われた今回のフェンシングも、たいていが太田選手を中心としたダイジェストで、女子はほとんど取り上げてもらえず、ちょっと残念でした。
全員分掘り下げろとは言いませんが、dボタンでわざわざ一覧を見ない限り一度も名前が出てこない競技があったりすると、やっぱり寂しいもんなぁ。。。

でも見方を変えれば、例えばアーチェリーやフェンシングのように、ノーマーク気味だった競技で突然ヒーロー&ヒロインが生まれるのも『オリンピック』という大きな大会ならではのことで、それは観る側の楽しみであると同時に、競技する側のモチベーションにもなるのかなと思います。
今回もひっそり戦いを終えたような競技が、もしかしたら四年後に突然ブームになるかもしれないし、今回実力を出し切れずに涙をのんだ選手が、ひとまわり大きくなってリベンジを果たして笑っているかもしれません。
過剰な期待で埋め尽くして、負けた選手に謝らせてしまうような空気ではなく(結果を出した選手や競技を一過性の流行りものにしてしまうのでもなく)、いろんな観点での楽しみ方ができたらいいのになと思います。

…とか偉そうなこと言ってみましたが、個人的には今大会も十分楽しんでるんですけども!

今日は用事があって仙台に行って来たのですが、空いた時間にちまちま書いてたらこんな時間の更新になってしまいました…。朝のフェンシングの感動を書きたかっただけなのにいつの間にやら別の話に…おかしいな…。

あっという間にオリンピック中継の時間。今日は何をしながら観ようかな。
寝不足は続く…!
 

夏休み風味


夏の、夕方と夜の中間くらいの時間が好きです。
日中の暑さは少し和らいで、でも空気のぬるさが残っていて、空も風も、完全に暮れきる準備中の 特別な色と特別な匂いがします。海岸通りの潮の匂いも、心なしか夏仕様。

このところは、さすがの三陸沿岸も真夏の暑さが続いています。私はこの時期、家の中で涼しいところを探し歩いて時間帯によってうろうろする猫みたいなことになってしまってます。週末の仙台(ユアスタ)が思いやられるぞ~

というわけで、オリンピックを観ようと夜更かししたり早起きしたり、暑さと真っ向勝負しないタイムスケジュール(自分の中での)を組んだりしていますが、できれば散歩はしたいので、よっぽど体がバテていないときは夕方に行くことにしています。世間の夏休みに合わせて仕事も少し時間が変わっているので、天気が良ければ帰ってからでもギリ行ける!

目に入る&感じる景色や空気感をいろいろに形容しながら 気持ち良い夏の夕暮れを歩いていると、思考回路に良い風が通ってくれる気がします:゜・+。:*・'+,。

と言いつつここ数日歩けてないんですけども…!(*_*)
なので写メは先日のものです。この日よりも今日はもう月もだいぶ満ちて、明日の満月を待つばかり。
7月終わるの早かったな~
 

プロフィール

Author:大原彩
★WELCOME★
★COLORFULJAM★

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
FC2カウンター
リンク
このブログをリンクに追加する
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。