スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆Happy Halloween☆


今日は、友だちと2人で新婚な友だちの家に遊びに行ってきました♪せっかくハロウィンなので、手土産にはかぼちゃマフィンを作ってみました。何年か前に買っていたハロウィン用のパッケージ、やっと出番!(画像)

結婚祝を持って行ったのですが、手作りのお昼ごはんをごちそうになったりして逆にこちらがありがとうでした!
お客さんを家に呼んでさらりとおもてなしできる、やっぱりうちらもこういう女の子になるべきだよねと、幸せオーラをいただいてきました。
愛犬ムックちゃんも絶好調で何より☆(^ε^)

今日3人で観たDVDが、2本ともアタリでおもしろかったので、またそのうち映画日記も書こうと思います♪
私は普段、映画はわりと1人で観ますが(映画館もけっこう1人で行く派ですが)、友だちと一緒に観るのもいいですね!(^-^)

いろいろ話せたし、明日からまたがんばろうと思えました!2人ともありがとうでした♪♪


※あ、平日の昼間っからのんびりしちゃってますが、友だちは妊婦さん&仕事休みだったので、プラプラしてるのは私だけなのであしからず…(笑)
 

スポンサーサイト

紅茶も見た目


いただきもののキャラメルティーとショコラティー!パッケージがかわいくて開けるのもったいなかったんですが、誘惑に勝てなかったので開けました。今夜はショコラティーをいただいています。濃く出しすぎてちょっと渋かった…(+U+;)
ミルクティーにしたらコクがあって美味しそうです♪♪
ミルクパンが欲しいです(食べるパンではなく鍋の方ね)。

去年、100均でかわいいミルクパンを見つけて『こんなの100円で売っちゃっていいの!?』と、ウキウキ買ったのですが、火にかけるたびに縁からヘンテコな液が出てきて(塗料??)、臭くて使い物にならなかった上に そのときよく煮出して飲んでいたチャイもその臭いイメージがついちゃってしばらく飲まなくなってしまいました。

安けりゃいいってもんじゃないよね。今年はちゃんとしたやつを買おう。
 

友だちパワー

今日、震災以来ずっと会えていなかった友だちに会いました。元気そうでよかった!
元気になってきたのはやっと最近だそうですが、でもその、気分が落ちていたときのことも話してくれたので、逆にホッとしました。

元気を取り戻すことや ストレスのバイオリズムは、やっぱり人それぞれのペースがあることだと思うので、心配する側も気長に構えてればいいのかなと思います。会って話したら、しばらく会っていなかった間に考えていたアレコレは一瞬でどうでもいいものになるんだもんな。
彼女が笑っていて、安心しました(^-^)


今日は、友だち(今日会ったのと別の友だち)ががんばっている日だったので、私も『これをやろう!!』と決めていたことがあったのですが、もちろんそれをやっていたのですが、なぜ私の集中力は長続きしないのだ… と ガッカリしていたところでした(-_-;)
でもちょうど友だちと会って話したのが気分転換になったみたいで、途切れた集中がリセットされたので、もう少しがんばります。でも夜はだいぶ冷えるようになってきたから、体調に響かない程度にしないとね。

一瞬で集中するクセをつけるのがいいって 茂木健一郎さんが言ってましたが(ツィッターで)、その術を身に付けて集中力を自在に操ってみたいです。
 

川崎フロンターレ戦

きのう(日付変わったのでおととい)は久しぶりにユアスタに行ってきました!一週間前からずっと予報が雨だったのですが、“なんだかんだ言ってそんな降らないだろう”と 意味もなくタカをくくっていたら、ほんとに朝から雨でした…(-_-) ガッカリした…

でも 結局試合の頃には雨も上がったし、スタンドはもともと屋根付きなので問題なく、雨だと観客が少なめなので試合前はちょっとのんびりできました。やっぱりスタジアムはテンション上がって楽しいですね!売店とか見ながら毎回ぐるぐるまわってます。

CA3H0123.jpg
氣士團が来てくれたときのサインを発見。

CA3H0122.jpg
他のスタジアムからいただいたメッセージもありました。他にも、支援のお礼や寄せ書きなどが貼られているのをたくさん目にしました。ありがたいなぁ:゜・+。:*・'+,。


CA3H0121.jpg
川崎フロンターレのマスコット ふろん太くんがバナナを売っているところに遭遇。あまり見えてませんが、ふろん太くん超イカリ肩でした。レインコート着てるかららしいですが、ほんとはどうなっていたのか気になって仕方なかったです。


肝心の試合はスコアレスドローに終わりましたが、川崎の猛攻を凌いだ!という感じだったので、ちょっと物足りなかったけど負けなかったから良しです。
というか、試合後に川崎側のサポーターさんたちがベガルタの応援歌を歌ってくれたのがうれしくて、温かい気持ちでスタジアムを出ることができました :゜・+。(´U`):*・'+,。
もうね、『そんなに!?(@▽@)』というくらいベガルタコールを続けてくれたのです。もちろんベガサポも川崎コールでお返ししました。みんな超笑顔でした!
そういえば 去年の最終戦で、ミスターベガルタ・千葉直樹選手の現役引退に際して大きな段幕を掲げて労ってくれたのも 対戦相手の川崎サポーターでした。なんていい人たちなんだ!!
川崎サポーターのみなさん ありがとうございました!大好き!(>U<)

J1は今年も残すところあと4試合となりました。今季のベガルタは、私のひいき目を差し引いてもとても頼もしく、目標だった一桁順位がすでに確定したそうです。サッカーバカじゃない人たちにも、震災後にしょんぼりしていた たくさんの宮城県,東北のみなさんに元気をくれたんじゃないかなと思います。
てかこの時期、昇格や降格の心配をせずにこんなに穏やかに見守っていられるのなんて何年ぶりだろう!いや 初めて??

今年はあと2回観戦に行く予定なので、そのときもまたサッカーバカ日記を書いてしまう気がしますが 今のうちに謝っときます。サッカーに興味のない方、毎度すみません。

え?? もう慣れた??

Square Garden

このブログでも何度も紹介させていただいている、小林志保子さんという画家さんから、個展のお知らせをいただきました!

img045.jpg
小林志保子展
―Square Garden―

2011年 11月3日(木)~13日
11:00~19:00(最終日16:00まで)
東京都三鷹市 ギャラリーオーク
(会期中無休)

2011年 11月17日(木)~27日
10:00~17:00(最終日16:00まで)
岩手県花巻市 湯本美術展示館
(21,22日休館)

私はなかなか行けなくて残念なのですが(;_;)、いつも素敵なDMをいただけてとてもうれしいです(´U`)

三鷹市や花巻市周辺にお住まいの方、ぜひ足を運んでみてください。湯本あたりは紅葉が見頃かな~

詳細はこちら↓ 小林志保子さんHP
http://www.geocities.JP/shipokobayashi/

以前紹介したときのブログ記事も貼っとこうと思ったんですが、今日もネットが不調過ぎるのでやめました。午前中一回ザセツして夜また開いていたのですが、これっぽっち書くのに2時間ってどういうことなんだーもう!
…なんて…
長いことネットがつながんなかったときや 停電だったときに比べれば、なんて贅沢な不満なんでしょうね。ネット不調だからって別に死なないし、まいっか。(極論)

絶不調

私が ではなくネットが(-_-;)

画像が多いサイトはいつまで経っても出てこなくて見れないし、挙げ句すぐ切れちゃうし。なんだろうコレは。
ブログに(PCで)書きたいことがあったのですが、きのうもそれで諦めました。今日も諦めました。また明日チャレンジします。

というかネットに限らず、全体的に、最近Macちゃんの動きがニブイ気がします。…サスガに古くなってきちゃったからなのかな。
メカ音痴な人って、機能を使いこなせないだけじゃなく、メンテナンスとかをどうしたらいいのかも全くわかんないんだなと、自分見てるとつくづく思います。
は~… 長生きしてくれよ、Macちゃん。

そしてパソコンが年をとる間 こんなにも成長のない私…。
 

うちにも居た画伯

『アメトーク』の“絵心ない芸人”とか、俳優(むしろ画伯??)田辺誠一さんのツイッターとか、書道家 武田双雲さんのブログとか、『ヘタっぴな絵がおもしろい』的なのを最近よく見るので、私も試しに、一番身近で描けなそうな人=親に話を振ってみたところ…

予想外の傑作をいただいたよ…!


CA3H01140001.jpg
衝撃のキティちゃん。


左が父画で右が母画です。お母さん、『キティちゃんてどんな口だったかな~』て一生懸命考えてたよね。キティちゃん口ないよね。
でも母の絵はまだわかります。問題は父の方でしょ…!これどうした!?(笑)
何がすごいって、こんな妖怪描いといて自分ではまあまあの出来だと思ってるところです。『なんで?猫じゃないか。ちゃんとちょうちょ(※たぶんリボンのこと)も付けたぞ』って言ってたもんね。こっちは笑い死んだよ!


ちなみにもう一点。
CA3H0115.jpg
母画、ドラえもん。

うそでしょ??


母の名誉のために言っときますが、母は決して絵が下手な人ではありません。私が小さい頃はよく絵を描いてもらっていたし、私の絵のデッサン直したりもしてもらってました。スケッチとかは今でも描けるハズなんです。この絵を曝した後では説得力ありませんが。
あ、父はたぶん本気でこれが限度です。『アメトーク』の“運動神経ない芸人”を見て『こいつら本気でやってこれなのか!?』とびっくりしていましたが、自分の描いたキティちゃんを前に『ああ…こういうことか』と言ってました。うん、そういうことだね。

ちなみにこの絵、妹に送ると言って写メったものなので、ブログに載せちゃったのは無断です。ごめんよ お父さんお母さん。
うちの親をご存知の方は、内緒にしといてくださいね (^ε^;)

週末日記・感謝

自分の誕生日に旅行だなんて、たぶん生まれて初めてでした。前の日記にも書きましたが、今回は伯父叔母イトコたちとの慰労会みたいな旅行だったので、みんなの予定の合う日がたまたまこの日程になっただけだったのですが、宴会もだいぶ盛り上がったところで なんと…

CA3H0106.jpg
バースデーケーキをいただいてしまいました!

自分がこの日誕生日だってみんな知らないと思っていたので、超ーーびっっくりしました!!
後で聞いたら、義伯母さんが『彩の誕生日だから』とケーキを買って来てくれ、従兄夫婦がメッセージを手書きしてくれて、旅館の人にお願いして夕食のときに準備してくれていたのだそうです。 電気を消してハッピーバースデーを歌ってもらってろうそくの火を吹き消す…なんて、そんなお祝いをしてもらったのは何年ぶりだろう! しかもサプライズだったので、なんだか感極まってしまいました。。。なんか私年々涙もろい…
ケーキは部屋に戻ってからみんなでいただきました。お料理をたらふく食べた後だったけど、別腹です!
本当にありがとうございました:゜・+。:*・'+,。

この日は朝から、たくさんのハピバメールもいただきました。誕生日は毎年ありがたく嬉しい一日ですが、今年はいろいろなことがあった分、例年通り(いや、以上に)みんなにお祝いしてもらえることを本当に幸せに思いました。がんばろうと思いました…!

誕生日のことがなくても、3月11日のことや亡くなった祖父のことを『あのときはさ~』って、こうしてみんなで笑いながら語り合える日がくるなんて、半年前には想像もつかなかったので、それだけでも忘れられない旅行となりました。まだまだ笑ってる場合じゃないこともたくさんあるのですが、『時が解決してくれる』とかいう月並みな慰め言葉も、あながち嘘じゃないのかもしれません。

来年も、再来年も、こうしてまたみんなで集まって一緒に時間を過ごせたらいいな(^-^)



ちなみに、今回泊まったのは鎌先温泉というところでした。昔ながらの湯治場らしく、古いけれど趣のある旅館街でした。
CA3H0109.jpg

CA3H0110.jpg

CA3H0111.jpg
いくつもの旅館が 狭い道路をはさんで崖の上まで一カ所に集中して建っていて、そこ一帯が一つの小さな町みたいな、独特の雰囲気でした。(私たちが泊まった旅館以外も写ってますが)
本当は夕方、提灯が灯った光景が情緒あって素敵だったので、それを撮りたかったなー!頭の中で『千と千尋の神隠し』の音楽がリピートしてました。

CA3H0107.jpg
旅館の玄関にあった草履や和傘がかわいかったです。

鎌先温泉のお湯は傷の治癒などに効く薬湯だそうで、美肌の湯でもあるらしいのですが、私 本物の温泉は90%くらいの割合で湯あたりを起こすので…(-_-;) 一回だけでやめときました。ああ…もったいない。

週末日記・紅葉

先日も書きましたが、週末は家族&親戚と一泊で温泉に行って来ました。せっかくの遠出なので、蔵王までドライブして紅葉を見て来ました。
CA3H0098.jpg
中腹付近は60~70%くらい?? 青空だったらもっと映えたのかもしれませんが、曇りだったので、紅葉しきっていない山々は 写真に撮ると少しもの足りない感じです。

CA3H0104.jpg
もう少し山頂に近付くと、木々も色鮮やかに!しかし風もだいぶ強く…

CA3H0102.jpg
遠くに望む山よりも、名前もないような小さな沢水のほとり一帯がとてもきれいでした!

蔵王のてっぺんには エメラルドグリーンの火口湖『お釜』があるのですが、この日の山頂は天候が悪く、辺り一面真っ白な雲の中…。車から一歩外へ出たら飛ばされてしまいそうな冷たい強風だったし、晴れる気配もないので、駐車場からそのままUターンでした。超残念!(>_<。) 記憶にあるかないか くらいの小さい頃に行った以来だったので、見たかったです。お釜。
でも天気予報ではずっと雨だと言っていたので、それ考えたらだいぶマシなお天気だったからいっか!結局雨降ったのは出発前と夜だけだったし!
まぁそんな気はしたんだけど!!(と、晴れてから急にデカイことを言ってみる)

冗談さておき、この時期は毎年晴れる日が多いので、自分の誕生日は本当に 毎年わりと晴れのイメージです。昔 小学校の頃とかも、そういえば半袖着るくらい暑い快晴とかあったなあ。

というわけで。
そうなのです、この日はちょうど、私の誕生日だったのでした。

長くなってきたのでつづく→

温泉なう


今夜は、珍しく泊まりの家族旅行中です。というか伯父叔母イトコ合わせて総勢10名のプチ団体旅行です。今年はいろいろなことがあったので、こうしてみんなで旅行して一緒にお膳を囲みお酒を飲む(私は飲めませんが)ことがとても幸せなことに思えますね(´U`):゜・+。:*・'+,。

思うこと書きたいことはいろいろあるのですが、それはまた後でゆっくり更新しようと思います。

今日メールをくれたみなさん ありがとうございました! それだけは言っとく!みんな大好きです
 

折り紙とダンボール

先月、地元★浜の若者チーム発案のお茶会に私も参加させていただいた話を日記に書きましたが、今月もイベントをするということで、きのうはその準備に行って来ました。
今回はお茶会ではなく、ヨガ教室や炊き出し、ライブなどがあるそうで、何とも盛りだくさんです。

きのうの準備は、当日来て下さるボランティアのみなさんに使っていただく名札作りです。前回私もいただいたこういうやつ↓
CA3H0100.jpg

リーダーと、もう1人の女の子と3人で(※2人とも私よりかなり若者)、適度な大きさに切ったダンボールを自由にデコレーションしていきます。デコレーションと言っても、材料は折り紙で、道具ははさみとのりと何種類かのクラフトパンチです。こういうの大っ好きな私ですが、自分でやるときはいつもステッカーやらマスキングテープやら、色画用紙クラフト紙スタンプにカラーペン etc.… とにかくバカみたいにたくさん収集してあるお気に入り素材たちを使って製作するので、こんな風にごくシンプルな方法で物作りするのはものすごく久しぶりでした。平面なのに絵を描かないで製作するなんて、私にとってはちょっと不自由でとても新鮮!

それが 超ーー楽しかったのです…!! 何これ、“図工”!?

CA3H0094.jpg
私の作った名札たち。
性格なのか何なのか、どうも細かいことをちまちまやってばかりで、何だか名札っぽくないやつがたくさん出来上がってしまいましたが…
まあいっか!

みんなが作ったのも、ハロウィンぽいのやアリスっぽいのなどバラエティに富んでかわいかったのですが、中でも秀逸だったのがこちら↓
神龍
スマホで検索した画像を写して細部まで描き込み、パーツごとに切って貼り合わせ、ド●ゴンボールに至ってはセロハンタイプの折り紙を使うこだわりよう!これ一つだけ別格!!(笑)

ボランティアスタッフのみなさんやお客さんがこれに食いついてくれるであろう場面をぜひとも見たかったのですが、当日は私も彼女も用事があって参加できず、残念です。後でリーダーに様子を聞こうと思います。

明日、無情にも天気予報では雨の予想みたいですが… イベント成功するといいな。みなさん楽しんでくれるといいな。

Run&Walk!

携帯で、ウォーキングのアプリをダウンロードしました!
というか携帯買い替える段階で『新しいの買ったらチャレンジしてみよう!』と思っていたハズなのに、すっかり忘れてました。というかイマイチ意味わかってなかった…。(さらに使おうと思ってからも何回か失敗してた…)
というわけで、やっときのう、初めて散歩するときに起動してみました。

そしたら超楽しかった!!

いや、楽しいというのは何か違うのかもしれませんが、歩いた距離と時間と歩数と、消費カロリーが表示されるだけで、なんだか急に『のんきな海散歩』が『ウォーキング』になった気がしてやる気が出たと言いますか!もっと早く始めていればよかった!
しかしいつもの散歩がものすごくちょっぴりしかカロリー消費していないこともわかってしまいました…。まあね…。そんなもんだよね…(実際は 坂道下って上って の道なので、もうちょっと消費してるハズ…と、自分に言い訳)。
せっかくなので、アプリ活用してもっとたくさん歩こうと思います!

と、言ってるそばから今日は散歩に行きはぐってしまったんですけども。半端だった衣替えとそれに伴う部屋のカオス状態をやっとスッキリ片付けて ついでに掃除をしたら夕方だったんだ。。。
…明日から明日から!

7回目。


この三連休、用事があって地元の公民館に行ってきました。その公民館の入り口近くに貼ってあったイラスト。一目しておわかりのように、イラストライター・326(ナカムラミツル)さんの作品です。
布地に白黒でプリントしてあったものなのか、きっとみんなで塗り絵のように色を付けたんだと思います。

前にも書きましたが、私 ブレイク前からの326ファンなので、思わず写メって来てしまいました。このイラストがここにある経緯は、公民館の方に聞いてみてもよくわからなかったのですが、長い間たくさんの人たちの避難生活の場になっていた公民館なので、たくさんいただいた支援の一環だったのかなと思います。

他にも、あちこちに千羽鶴が飾ってあったり、寄付と思われるたくさんの漫画本棚があったり、ソーラーパネルが設置してあったり、そこかしこに避難住居として在った頃を思わせる欠片が残っていました。友だちに会いに行ったときの、貼り紙でいっぱいの玄関や ダンボール荷物の積まれたろうかの雰囲気はもうないけれど、ちょっと思い出して何とも言えない気持ちになりました。

今、この地区では、避難生活を送っていた全ての方が仮設住宅に移り(市街ではまだ全員ではありませんが)、公民館は通常の『公民館』に戻りました。
けれど、裏の崖下は津波にえぐられた傷跡が生々しく残り、目の前に広がる小・中学校の校庭は一面仮設住宅の団地になり、“元通り”になったわけではありません。

180戸もの住宅が並ぶ校庭は、アスファルトで道路が整備され、庭部分には砂利が敷かれ、電柱が立ち電線が張られています。いくつもの庭先に中学生のジャージが干してあったり、小さな子どもが三輪車ではしゃぎまわっていたり、若いお母さんたちが立ち話していたり、そこは一見、何の変哲もない“住宅街ののどかな休日”の風景でした。

けれどここに住んでいるのは、全員が、大切な我が家を無くした人たちなのです。
そう考えると、この異様な(という形容でいいのかもわかりませんが)団地が、のどかに穏やかに見えれば見えるほど、私はそれを見て何を思うのが正しいのかがわからなくなります。
何を言っても思っても、どれも陳腐な言葉になり果てるのです。

同時に、あんなにも辛い経験を内包してなお、人は穏やかな日常を新たに作り出すことができるんだなぁ、すごいなぁ、とも思ってしまいました。みんな強いな と。
(もちろん、他人が思う一見『穏やかな日常』が、実際にどうかはわからないのですが…)

大きな被害を受けた方々の、状況や気持ちは本当に様々で、想像して簡単にわかり得るものではありません。わかろうとすることが正しいのかどうかもわかりません。
実際に住んでいる人は、逆にこんな私の勝手な感傷なんかとは別次元で 元気に前向きに暮らしているのかもしれないし。

なので あれこれ考えても、結局は、私は私の目の前のことをやるしかないんだよなぁと、ものすごく当たり前のことに行き着いて終わってしまうのですが。。。


震災から今日で7ヶ月。
半年の区切りということでテレビの特集や各地の追悼イベントなどが大々的に企画された先月と比べると、今日はさほどの特別感もなく、ひっそりと一日が過ぎた気がします。私の気のせいかな??

大潮で海岸が冠水する度に、明るい上弦の月夜がやってくる度に、『そうか、また1カ月経った』と、ハッとします。
日常を取り戻すことは とてもありがたく幸せなことですが、それと反比例するように震災のことが薄れていくのは嫌だなと思います。世間も、自分も。
毎日自分の目の前のことで精一杯でも、まだまだ問題山積みなこの復興途上地域の現実にもちゃんと目を向けるようにいたいなと 思った、今月の『11日』です。

日記長い。すみません。


※追記: いつものんきなので、せめて『11日』くらいはシリアスなことを書いてみようと思ったのですが、“いつもと様子が違う”と、友だちが心配して電話をくれました… なのでちょっとだけ書き直してみたよ。。(-_-;) らしくないことはするもんじゃないっス。ごめん、元気です。ありがとう。


お土産もらった♪


妹の山形土産です。さくらんぼチョッパー。
妹はわりと旅好きなので、友だちとちょいちょい旅行に出かけているようです。お土産にいつもご当地キューピーちゃんをくれていたのですが、今回は『こんなの見つけた(笑)』って、ご当地チョッパーをくれました。妹よ、ナイスチョイスです。

最近 ONEPIECEコラボパッケージやオマケ付き商品がずいぶん多いなぁと思っていたんですが、ついにご当地ストラップが登場したんですね。それとも前からあったのかな?? 私は初めて見たんですが、山形バージョンがあるということは宮城バージョンもあるんでしょうか。

そういえば、こういうご当地グッズ、県単位じゃなく地域や街単位であるところもあるよね??
笹かまや政宗のお馴染み『宮城』バージョンだけでなく、『気仙沼』バージョンとかも作ってくれたらいいのになー。サメに喰われ気味のキ●ィとか、ホヤボーヤ(※気仙沼のゆるキャラ)とコラボってるドラ●もんとか、居てもいいじゃないか。

無理かな。
 


リンク追加♪

漫画家さんのブログとかでは全然ないのですが、ただ個人的に好きなだけ、というサイトを2つリンクに追加しました。

一つは、このブログの中でも何度か紹介させてもらっている ロンドン発の『RUST』というアクセサリーブランドのブログ(記事はこちらとこちら)。
震災後しばらく、ネットが使えなくても 普通にブログを書いたり読んだりするくらいは携帯でも大丈夫だったのですが、画像をたくさんアップしたりリンクを貼ったり、オンライン漫画を読んだりは、やっぱりどうしてもパソコンじゃなければダメで、ネットの復活を待っていたわけですが、もう一つ、ネットが復活したら絶対見ようと思っていたのが この『RUST』のブログでした。
RUSTの商品の紹介はもちろんですが、デザイナーの内海直仁さん&アルテミスさん夫妻の日常…ビーチや公園、アンティーク市場などに出かけたときのポストが、とっても素敵です! 内容はもちろんですが、写真そのものも、どれもポストカードのように素敵なのです!
自分たちの仕事に誇りを持ち、身近な自然や街の日常を大切にして、慈しんでいるお二人。『こういう風にできたら人生楽しいだろうな』と、思わず憧れてしまうようなブログです。

RUST
http://rustmadeinenglandblog.blogspot.com/

レディスのデザイナー・アルテミスさんの手がけるオンラインのアンティークショップはこちら

バケット・ツリー
http://www.thebuckettree.bigcartel.com/


もう一つのおススメは、『和の菓 和の色』というブログ。
こちらは、以前人に教えていただいたサイトなのですが、季節ごとに 仙台の和菓子と その“色”にまつわるお話を紹介しています。前にも書いたような気がしますが、私、『色フェチ』ってくらい“色”が好きなのです。色。名前も“彩(colorful)”ってくらいで。
色名辞典とかはもう和洋問わず大好きなのですが、和の色名は特に、着物の重ねの組み合わせ一つ一つにも風情のある名前が付いていたりするのがとても素敵だなあと思います。知っていると古典(源氏物語とか)を読む楽しみも増します♪♪
和菓子も、日本ならではの四季の移り変わりを感じられるところが“和の色”と似ている気がするので、ほっこり温かい気持ちにさせてくれるブログです。

和の菓 和の色
http://blogs.dion.ne.jp/mikk/

どちらも、日常にちょっと素敵なエッセンスをくれるようなブログです。興味を持った方はぜひ♪(^-^)


サッカーじゃない『中継』の話

昼に、NHKの朝ドラの再放送を見ていました。主人公の女の子が ドレスアップした上流階級の人たちのパーティを覗いて参加して、キラキラした気持ちになるシーンでした。見ていた私もちょっとキラキラした気持ちになって、その後画面が国会中継に切り替わって 一瞬で夢から覚めた気持ちになりました…(-_-)。

国会中継、親が好きでよく見ています。おもしろいんだそうです。私は苦手なのであまり見ないのですが、今日はたまたま、地元の議員さんが質問するところだったので見ていました。
被災地ど真ん中・気仙沼市出身の方だけあって、おっしゃること一つ一つが 私たち地元の一般市民目線の悩みであり要望であり、それをわかりやすく順序立てて、要点をついて話しておられて、ちょっぴり感動してしまいました。

地盤沈下で浸水したままの地域のかさ上げ工事予算のこと、
仮設を出た後も安心して地元に暮らせる復興住宅のこと、
放射能問題で無収入となってしまった畜産農家への補償問題のこと、
同じく放射能問題で出荷も処分もできずに農家の倉庫に積み重なったままの稲わらのこと、
被災した企業の業務再開へ向けての支援策のこと、
失業保険の対象外になってしまう農漁業者や自営業の方々のこと、
etc.…

被災地域の住民の切実な気持ちを代弁しつつも、過剰な批判や中傷などで敵意をむき出しにすることなく冷静に話しておられたのが頼もしく、何だかホッとする感じでした。
私は派閥とかよくわからないので、というか正直どうでもいいとさえ思ってるので、相手の足を引っ張ることばかりに一生懸命な政治家さんたちを見ていると どんどんヒイてしまうのです。前に、ニュース番組の中のインタビューで、仮設住宅入居者の方が『もう 愛人がいても献金問題があっても良いから、だれでもいいから何とかしてくれ』みたいなことを訴えているのを見ました。極論だとは思いますが、その気持ちはすごくよくわかります。

国会中継を普段から見慣れていないことと、あとは地元のひいき目もあるのかもしれませんが、国会の場であんな風に地元の思いを語ってくれる方が居てくれてよかったと思いました。瓦礫の撤去が進んだからといって復興が進んだわけでは決してない この地域の現実を、もっともっと広く知ってもらいたいです。
同時に、ここに住んでいながらその傷の一番ひどい部分からは目を背けがちな自分にも、一言もの申したい気分になりました。雰囲気だけでわかったような口をきくのも良くないし、面倒くさくてもきちんと見たり考えたりしないといけないこともあるよなぁと。。。
ちょっぴり感動してしまったのは、そんな 自分が目を背けがちな大きな傷跡に、毎日真っ正面から立ち向かっている人たちのことを思ったからなのかもしれません。

先日、『仮設住宅の人たちの中には、支援活動や炊き出しなどのイベントに疲れきっていて、もうそっとしておいてほしいという意見もある』という話を聞きました。一方で、片付け作業などの手はまだまだ足りていないとも聞きます。同じ町同じ地域に住んでいても、被災の程度現在の生活状況は様々で、当事者でなければわからないことはたくさんあって、その全てにピンポイントで合わせることは無理だし、難しいです。
でも、『だから知らん』ってなるものじゃないし、せっかくの善意だし、みんながお互いのこと想い合って、わかろうとしたり支援しようとしたりする気持ちが良い方向に働けばいいのになあと思ったのでした。

今日の国会中継を見ていて、それも思い出しました。

たまにはマジメな話も脳に入れて、マジメなことも考えないとね。
つってもこの程度ですが(-v-;)。

『ココ・アヴァン・シャネル』

かの有名な『シャネル』のデザイナー ガブリエル・シャネルの、青春時代の物語です。

孤児院で育ち、お針子仕事をしながらバーで歌を歌っていた女の子が、貴族の愛人としてお屋敷暮らしをするようになり、やがてパリに出て服飾の仕事を始める―

波瀾万丈の人生ですが、彼女はいつも自分の強い意志で自分の進む道を拓いていたように思います。特に印象に残ったのは、オドレイ・トトゥ演じるココ(シャネルの愛称)の強い瞳とその視線でした。
不便な女性の乗馬スタイル、前が見えないほど大きな羽根飾りのついた帽子、土の上を引きずるドレスの裾、きつく締め付けたコルセットに身体を詰め込む女優、ボーダーのラフなシャツで網を引く漁師…。シャネルの視線がクローズアップされるたびに、『ああ、今考えてる!』と、わくわくします。
コンパクトな帽子を自作してしまったり、ゆったりしたシルエットや動きやすい素材の服を着たり、男装してしまったり、後のシャネルの成功を知っている私たちにとっては、その一つ一つが“デザイナー ココ・シャネルの片鱗”であるとわかるからです。

華やかに着飾った(今風に言うならコテコテに盛った感じの)女性たちの中に、洗練されたマニッシュスタイルのシャネルが颯爽と映ります。今までそんなに意識したことがなかったけれど、それまでの『女性がアクセサリー的な存在だった時代』から、『働き自立する時代』へ、シャネルは女性の生き方をも変えたデザイナーだったんだな と思いました。ココの強い視線を追いながら、時代で変化する女性の生き方を見た感じがします。

どんな環境でも意志を持って自分のやりたいこと・信じる道を突き進むシャネルがとてもかっこよくて、ちょっとシャネルの洋服をリスペクトする気持ちになりました:゜・+。:*・'+,。

洋服に興味がない人には どう映るのかわかりませんが、私は 特典映像のメイキングやインタビューなども含め、とても興味深くおもしろかったです(^-^)
 

『フィッシュストーリー』

映画日記書くの久しぶり!
これは 前に友だちの家に遊びに行ったときに一緒に観た映画です。原作は伊坂幸太郎さんの同名短編小説。友だちが原作本を貸してくれたのですが、やっぱり伊坂さんの物語 大好きだなぁと思いました。ちょっと言い方アレですが、『してやったり!!』みたいな気分にさせてくれるのです。何に対してかわかんないけど。

映画『フィッシュストーリー』は、地球滅亡の危機に直面した ある年のあるレコード店を舞台に、20年前と 30年前と 10年前と、3つの物語が語られます。ビビりキャラの下っ端運転手、解散目前の売れないロックバンド、寝過ごしたフェリーで事件に巻き込まれる女子高生。一見バラバラで何の関係もない物語とその登場人物たちが、時空を越えて一つの物語につながるラストシーンにヤラレます!エピソードが全て伏線!! みたいな伊坂作品の構成のセンスが大好きです
映画の中で『FISH STORY』の意味を知ると、この物語がますます“粋”に思えて、それも素敵!

映画はちょっぴり派手に味付けされた感がありますが、原作のテンポや色を損なわずに映像化されているのが良いなぁと思いました。そしたら 監督が中村義洋さんでした!やっぱりか!
『アヒルと鴨のコインロッカー』しかり、『ゴールデンスランバー』しかり、“伊坂幸太郎×中村義洋”のタッグがとても好きです(^▽^)♪


今夜はテレビで、その『ゴールデンスランバー』の放映があるようですね。確かこれ、3月に放送予定だったやつじゃないかと思うんですが、違うかな。震災直後、まだ事の重大さがわかっていなかったときに、『明日サッカーなのにな~』とか『来週のライブ行けないかも…』とか、のんきなことを考えていた中に『ゴールデンスランバー観ようと思ってたのに観れないわ』があった気がする。(今思うと とんでもない見積もり違いですね。のんきにもホドがある)
久しぶりに観ようかなー!

伊坂作品は映画も小説も何度も紹介していますが、また言います。
おもしろいのでぜひ観て(読んで)みて!!
ラストの落とし方が秀逸なので、映画は必ず最後まで観ることをオススメします☆(^ε^)
 
プロフィール

大原彩

Author:大原彩
★WELCOME★
★COLORFULJAM★

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
FC2カウンター
リンク
このブログをリンクに追加する
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。