スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日は秋なの??


ゆうべ久しぶりに夜更かししたのですが、寝付くか寝付かないかの時間帯に余震があって一端目が覚め(いつもは寝てる間の地震は気付きません)、変な睡眠になってしまって今日はずっと眠かったです。天気もそれを煽るようなどんより曇り空。散歩するには日が出ていない方がいいのですが、それにしても寒くて ロンTにパーカーはおりました。
今年は暑さが異様な早さでやってきたけれど、また異様な早さで去っていくのかな。全体的にお天気おかしくないですか??
新潟と福島の豪雨・洪水被害は、少しでも落ち着いたのでしょうか。

台風の時期によく見る洪水被害の映像、昔から 大変だなぁこわいなぁと思って見ていたんですが、津波の後、『でもあれは真水だからまだマシなんじゃ??』とか思ったことがありました。
でも今回のニュース映像を見たら、すみません、そんなの嘘でした。やっぱり洪水もこわい!(@_@) むしろ以前より、自然災害のニュース映像がリアルに感じられていたたまれないです(+_+)

道路が水没するのも停電するのも、東日本大震災だけで十分です。日本の一部分がこんなに弱っているんだから、せめて他の地域はみんな元気でいられる感じだったらいいのにな。お天気采配も空気読んでもらいたいものです!
サッカーだって、故障人が出てサブメンバーががんばってるときにまただれかケガしたらキツイのですよ!
ベガルタまたしてもスコアレスドローなのか!

何の話!


東北から撤退した自衛隊のみなさんは、今度は新潟・福島のみなさんのヒーローになるんですね。
でも、これ以上被害が広がらないことを祈るばかりです。


画像は、またまた散歩道で見つけたバラの花。この時期道端にお花が少ないので、見つけるとつい撮ってしまいます。なんか合成みたいなコントラストだな…。
★浜にも仮設住宅が建ったからか、海岸通りも車が増えました。知らない人がいっぱい通るようになると、うかつな格好で出られませんね。
 

スポンサーサイト

反省文と感謝状


宮城県内、各地で自衛隊の支援活動が終了していますが、うちの市でもついに、昨日で全ての活動が終了になりました。出発は早朝だったそうですが、セレモニーが行われた市民会館にも沿道にも、たくさんの市民が見送りに集まったそうです。
私も時間になったら道路に出て見送ろうと思っていたんですが、高速道路に向かって北上するルートだったので見送れませんでした(うちは南)。とても残念!(;_;)

震災から4ヶ月半、自衛隊の方々の支援には感謝してもしきれません。本当に、本当に本当にお世話になりました!ありがとうございました!:゜・+。:*・'+,。


3月15日、国防色のジープが何台も何台も目の前を通って★浜にやってきたときの物々しさを、今も鮮明に覚えています。坂の一番下、津波でぺしゃんこに潰れてしまった小川沿いのお宅から、その家のおじさんとおばさんの遺体を見つけてくれたときでした。
ご近所みんな、引いていく津波を見ながら、そのお宅が潰れてしまったことも ご夫婦が逃げて来ていないこともわかっていたのですが、誰も、怖くて降りて行けませんでした。現状すらわからない中で情報が錯綜して、まだまだ目の前のことで精一杯だった頃でした。
来たときと同じように、淡々と仕事をこなして一斉に帰って行くジープに、本当は一台一台お礼を言いたくて、でもそうもできず、お辞儀をして見送りました。

その日から、国防色は町の至る所で目に入ることになり、物々しさは安堵感に変わりました。

あの人がいないらしい。あそこで見つかったらしい。

あそこの道が塞がって迂回せざるを得ない。通れるようになった。道端が広くなった。ガードレールが付いた。

ヘリが頭上近くを飛んだ。間近に降りるのを見た。それが日常になった。

ヘリが来なくなった。代わりにジープがガンガン通るようになった。道路がつながったらしい。

配給のおにぎりを時々もらった。炊き出しが毎日定時になった。

時々給水車が来て、運が良ければ水がもらえた。一人2リットルもらえるようになった。給水箇所が増えて、いつでも自由に給水できるようになった。

水道の復旧はだいぶ遅れるらしかった。入浴支援が始まった。


状況は日々変わり、その全てに、自衛隊の方々の尽力がありました。
道路の修復工事なんて、素早すぎて私 壊れた状態の国道を見ていません。
震災後10日後くらいから炊き出しが始まったので、米不足や炊飯による水不足にも悩まずに済みました(食料不足だった地域のみなさん、ごめんなさい)
自衛隊の給水がなかったら、ヒ素騒ぎのあった沢水を、うちも飲料にしていたかもしれません。

『自衛隊ハンパねぇよね!』
と、誰に会ってもみんなが合い言葉のように口にしていたのですが、ハンパねぇじゃ済まないくらいハンパねぇんですが、私たちが感じている大きな感謝を、私の文章で表現しきれないことがとてももどかしいです。本当に素晴らしく大活躍だったのです!リアルヒーローでした!


今さらながら、隊員のみなさんと もっともっとお話しておけばよかったなぁと思います。
うちの市に来ていたのは、長崎や大分や鹿児島、熊本など、九州の方たちで、父は方言談義で盛り上がったりしていたようですが、私は(良い意味での)無駄話をあまりしませんでした。避難所に居たわけではないし、あまり接する機会もなかったのですが、でも何でもいいから話しかければ良かった。何でも、というか、ちゃんと直接お礼を言えば良かったです。失敗です。

それから、★浜の避難拠点に来てくれていた給水部隊の方たちが撤収してしまうときに渡そうと思って、ボードにイラストとメッセージを描いたのですが(画像)、結局すれ違いになってしまって渡すことができず、最後まで支援を続けてくださっていた入浴施設の方々に受け取っていただきました。
何度も交代していろいろなところからいろいろな部隊が来てくれていたので、本当は、交代の度に持ち帰ってもらえるように何度も描いて、常に避難所の事務所に置いて、みんなのメッセージボードの役目をさせてもらえばよかったと、後から思って後悔しました。これも失敗。
『私にできることは何だろう?』と、ずっと考えていたハズなのに、心残りがいっぱいです。


…そして、感情移入しすぎて長文になり、日付変わっちゃって撤収の日(7月30日)に更新できなかったというこの日記…。
どう考えても、この瞬発力の無さが後悔の原因だよね。私も自衛隊の方々の素早さを見習って(??)がんばります。


今度、…災害派遣において『今度』はあったら困るんですが、でも今度。自衛隊のみなさんには、今度は仕事じゃなく、いつか旅行や遊びでまたぜひここを訪れてもらいたいなと思います。『田舎に泊まろう』の再会スペシャルみたいに。そのときは、元気になった街を見てもらって、『あのときのみなさんの支援のおかげです!』と言いたいです。
そんな日が一日も早くやって来るといいな。
 


夏休み with余震


最近、一時期より余震が増えた気がしてちょっと嫌です。これ書いてる間にもまた揺れた。そしてキジが鳴いた。
余震に慣れすぎて気にしなくなるのもどうなんでしょうか。きのうの朝方は、携帯の緊急地震速報にも全く気付かなかった私です。どうせなら毎日小出しに揺れて、地震海域のバランス治まって、大きいヤツが来る必要なくなるといいのにな。

きのうの記事、気づいたら前回と連続して被災地トークだったんですね。あんまりそんな話ばかり書くのもどうなんだろう…?? と思っているのですが、でも書いた方がいいのかしら?? とも思ったり、思ってるわりには無意識に書いてしまってるんですが。すみません。

そんなわけで近況も書かずじまいでしたが、元気です。
高校のときの友だちが久しぶりに遊びに来てくれたり、それで部屋を片付けて大掃除をしたり(ふだんからコマメにやればいいのに…)
いつものカレー屋さんでベガルタの試合を観たり、負けてヘコんだり
友だちに借りっぱなしだった漫画を返しに行ったり、玄関で虫の洗礼を受けたり(チビッコ男子が居るお宅は危険)
いつものように散歩したり(画像は散歩道に咲いてた百合の花線路ないけど線路沿い)、お絵描きしたり
してました。

あと しば漬け食べてました。もれなく毎日。

友だちと会うのもサッカー観るのも、その都度ブログに書きたい楽しいことたちだったんですが(しば漬け以外)、書きはぐってしまうほど一体何してたんだろう毎日。携帯で文章作ってると90%の確率で寝てしまう時期があるんですが、それかな今…。

7月が過ぎるのがあっという間すぎてこわいです。
 

復旧と被災意識

震災から4ヶ月以上が経ちましたが、我が家は未だに固定電話が使えません。津波をかぶった地域なので、電気水道も復旧は最後の方だったんですが、サスガに固定電話がまだ使えないのはかなりの少数派なハズ…

前にもちょっと書きましたが、うちの地域のネット回線開通は自治体が進めたものでした。通常の防災無線が聞こえにくい地域や高齢者世帯のために、ネット回線を利用した防災ラインを設置するという目的もあったそうで、工事費用がだいぶ免除された時期があったのです(私が加入したのもたぶんその時期。よく覚えてないけど)

しかし、おかげでネット回線は今もNTTさん単体の所有物ではなく、復旧させようにも自治体側のメドが立たないとどうにもできないという状況だそうです。
前にNTTの方がいらしたときにその話を聞いてガクゼンとして(ブログに書いたとき)、とりあえずは固定電話を光から通常の回線に戻してもらうようにお願いしていました。

今日、またNTTの方がいらしたので、『そろそろ復旧か??』と思ったら、『光回線復旧のメドが全く立たないので、一旦ADSLに切り替えてもらうことになります』という案内でした。ご丁寧にそれを伝えに…。
しかもそれでも復旧は来月中旬くらいの見通しだそうで…!この間来た人は『7月末には…』と言っていたのになぁ~

光回線じゃない普通の電話のお宅は、★浜もみんな復旧済みです。ならばうちも、震災後すぐに光回線から元に戻してもらうよう申し込んでおけば、みんなと一緒に復旧できたのかな と思って対応の遅さをちょっと悔やんだのですが、どうやらそういうわけでもないそうで。
あらかじめ回線を元に戻すよう申請していたとしても、結局はこの地域の一般の固定電話が復旧してからの対応になるんだそうで、最先端(??)の光回線にしていた世帯だけが未だ電話もネットも使えない という皮肉な事態に陥ってしまいました。被災したお宅でさえ工事入ってるのに!うちはそんなアンラッキーな少数派です(+_+)


…まぁ、こんな未曽有の大災害ですし、被災地域はかなりの広範囲ですし、正直仕方ないかなとは思います。状況把握に時間がかかり、さらにその対応策がしっかり決定するまでは『わからない』という回答しかできなかったというのも、大きな会社だしそういうもんなのかな とも思います(どっかの新幹線みたいに行き当たりばったりな対応とかしないもんね、日本は)。
そして 今日来た方も先日来た方も、応援で仙台や東京から来ている方で、彼らが悪いわけではないのに本当に申し訳なさそうに 誠実に対応していただきました。はじめに来た方が『7月末』と言ったのは、きっと一般固定電話の復旧メドだったんだろうな。

ただ、固定電話の復旧をずっと 今か今かと待ち続けている母が、8月中旬メドという話を聞いて へたり込むほど大ショックを受けていて、それがちょっとかわいそうでした。小さな子どものようにしょんぼりしてしまったので、『まぁまぁ、アイスでも食べようよ』と、半分笑いながら言ったら、怒られました。どうやらマジヘコみでした…。ごめん(-_-;)。

私世代はもう、普段から固定電話より携帯がメインだし、親しい相手とはすでにメールなどで連絡が取れているし、最悪インターネットも携帯でなんとかなっているのですが、やっぱり親世代はそうじゃないようです。

少し前に、父の知り合いが、何ヶ月経っても一向に電話がつながらないことを心配して わざわざうちを訪ねて来てくれたことがありました。
その方はイベント展示会場で父と知り合った工房の方で、お互いの携帯番号を知らなかったので、イベントの来場者名簿の住所を見て地図と照らし合わせて、『どう見ても国道より海側だ…!』と、心配してずっと家電に連絡をくれていたそうなのです。父とうちの無事を知った庭先で、こちらが申し訳ない気持ちになるほどものすごく喜んでくれました。

同じように、さほど密に行き来していないご近所親戚となかなか連絡がとれなかったり、遠くから故郷を心配している同級生と心置きなく話しができなかったり、どこかにちょっとした問い合わせをするにも フリーダイヤルが携帯からは使えない番号だったり、『固定電話が復旧したときに…!』と思って待っていることが 母にはたくさんあるようなのでした。


正直、うちは家があるんだからいいじゃん、気長に待とうよ、とも思います。
NTTさんが悪いわけではない とも思うし。

けれど、これはどの段階でどこがどうなったらもっと早く解決したんだろう?と、素朴な疑問がわいたので、今日は日記にこんな話を書いてみたのでした。

もっとお金があったらいいの?? 人足や時間の問題なの?? どこのだれに訴えたらいいの??



例えばうちの場合は、固定電話の復旧 という小さな問題です(それ以外にも多少問題はありますが)。
けれど、仮設住宅の抽選方法のことや、支援金・義援金の支給のされ方や、雇用の問題や… もっとシリアスな『これから生きていくこと』に結び付く問題に直面して、同じように『もっとスムーズに上手いこといかないものかね??(´ε`)』と思っている人はたくさんいると思います。

家を流された・流されていない に関わらず、ここ(広く被災地域)では 生活に不安のない人はいないと思うし、その不安の内容は千差万別です。家や家族を失った人の辛さは言うまでもありませんが、家があっても、仕事や車がなくてロクに就活もできない人、親戚がみんな被害を受けてお見舞い貧乏な人、仮設住宅やアパートに引っ越せたけれど通勤・通学が大変になった人、半壊した家を直そうにも大工さんの予約がとれない人 …などなど、当事者でなければわからないような小さなことも含め、たくさんあると思うのです。

それは、どの程度主張していいものなんだろう??
どこがどうなったら、だれに何を伝えたら解決するものなんだろう??
そもそも解決するものなんだろうか??


固定電話が復旧しない話から波及して長々と書いてしまいましたが、言いたかったことが上手く言えなくてなんか妙な日記になりました。すみません。
なんというか、私が『あら、そうですか』と思ってのんきに受け入れてしまっていることの中にも、ほんとはそれで済ませちゃいけないこともあったのかしら、と思ったのでした。私がのんきに暮らしているからといって、被災地域のみなさんが同じように楽しくばかり居るとは、思わないでもらえたらなと、思います。なんか急に。

状況もニーズも、人々の懸案事項も、刻々と変わる、こちら復旧途上地です。
 

廃車置き場にて


先日、津波で流された父の車が見つかったという連絡をもらったので、海岸仕事で行けない父の代わりに 母と2人で確認に行って来ました。

廃車置き場になっている商港岸壁は、海岸独特の臭いに重油の臭いが混じった、いわゆる『津波の臭い』が未だに抜けず、ハエもたくさんでした。
おまけに今日は台風の影響で風が強くて、砂だか粉塵だかがたくさん舞っていました。私は車から降りた瞬間にそれで目をヤラレて(コンタクトユーザーにしかわからない辛さ…)やる気をなくしたので 母に任せてしまったのですが(ごめん)、係の方が車を探すのを手伝ってくれたそうで、泥まみれの車検証だけは取り出してもらうことができました。

父の車は、後ろのナンバープレートはかろうじてあるものの、フロント部分はほとんど原型を留めていなくて、他の車と一緒に積み上げられていたそうです。
デジカメで撮って帰った写真を見て、父はしょんぼりしてしまいました。
本当は、時間が合ったら自分で見に行って、どんなにぺしゃんこ状態でも何かしら確認して来たかったんだろうなと思います。海水を被ったり泥に埋まったりした車たちが集まる場所は、今日の灰色の空のせいもあってか、とても切ない光景でした。


この商港岸壁辺りは、津波の被害が最もひどかった地域の一つです。震災後もだいぶ長い間通行止めになっていたのですが、今日初めてこちら側に行ってみて、その訳がわかりました。ものすっごい地盤沈下なんだもの!(@_@)

漁港付近は何度か通ったことがあったし、魚市場再開へ向けて水揚げ場を嵩上げ工事したというニュースも見ていたのですが、商港側は嵩上げ工事レベルの話じゃないんですね…(>_<) 水が引かない、とかじゃなく、そこら辺り一帯がもう海になってしまったかのようでした。

商港へ向かう途中、前から道路と水面が近かったけど こんなんだったっけ?? と思って、よく見たら、通っていたのは思ってた道より一本内側の通りでした。通るつもりだった海沿いの道は海に沈んで消滅していました!遠くに岸壁の車止めだけが水面からわずかに顔を出していて、かろうじて『じゃああそこまでが陸だったところか』とわかる感じです。
真っすぐ行けたはずの通りが 途中からすっかり海の中に沈んでしまっているので、目的地が“向こう岸”にあるように見えました。

てか見えてるのにどこを通ったら行き着くのかわからないのです。まわりの建物がなくなってしまって、残っている建物との位置感覚がどうもつながらない感じで、元からあった道路なんだか 土を盛って高く作り直した道路なんだかもよくわからず、ぐるぐる遠回りして(そうしか行けないんだと思いますが)たどり着きました。

震災から4ヶ月、いろいろなところでひどい光景を見ましたが、今日はまた、津波翌日のようなショックを受けてしまいました。。。(´`)

商港…
父が漁船員だった頃は、漁港で出航を見送った後さらに商港に先回りして(船は漁港→商港の順に通るので)湾内を進む船をまた見送ったりした、思い出の場所です。
昔 付き合ってた人の助手席に乗ってドリフトして逃げた(※夜)…のはもう、時効だよね。

『被災地は瓦礫の撤去が進んでいる』なんて、私も何度か書きましたが、そんなの嘘だったのかもしれない。
懐かしい場所が 見知らぬ場所みたいになってしまったところや、途方もない空虚感に襲われる光景は、まだまだたくさんあるんだなぁと…
少し寂しい気持ちになった帰り道でした。
 

なでしことしば漬け(無関係)

なでしこJAPAN、W杯優勝おめでとうございます!:゜・+。:*・'+,。 超燃えました! 超いい試合だった! 早起きして観ててよかった!(観ないという選択肢はありませんがもちろん)

サッカーという競技そのもののファンとしては、やっぱり男子に比べると迫力やスピードはちょっと物足りないなぁという感じもあるのですが、でも 観ているときの爽快感みたいなものは、女子サッカーの方が断然上回るのはなんでだろう!女性は感情の生き物だとかいうし、感情や闘志に共感しやすさがあるのかな。

迷いなくシンプルに、そしてあきらめずに前を向く、なでしこJAPANの戦い方が大好きです!本っ当にかっこよかった~!おめでとうございます!そしてありがとう!(>▽<):゜・+。:*・'+,。


そんなわけで、今日は早起きしたので、涼しいうちからいろいろできるかな♪
と思っていたんですが、試合後も延々報じられるなでしこ優勝ニュースを見続けてしまって(しかも泣きながら)結局いつもより何もできない午前中でした。だって何回見ても泣けるんだもの。
なでしこにとても大きな感動をもらったおかげで、『ベガルタ 鹿島に完敗』の記事を読んで一瞬『は?(-_-)』ってなったテンションも、わりとすぐに回復です。
ベガルタもがんばれヨ!
もうすぐ始まる U-22のロンドンオリンピック予選もがんばれ!


そんな、元気と勇気をもらってキラキラ気分の今日、私、ほぼ一日 しば漬けを刻んでいました。

……

手が微妙にミョウガ臭いです。


まだ配給で支援物資をいただいていた頃に、大量のしば漬けをいただきました。なぜそのときそんなに偏ったのかわかりませんが、大袋入りのしば漬けをいくつもいただいたのです。知り合いにもおすそ分けしたんですが、うちにも1kg入りが二袋残っていたの、すっかり忘れてました。
しかも久しぶりに発見したら賞味期限がギリ切れてました。

なんとか使い切ろうと思っていろいろレシピ検索してみたんですが、家族3人で漬け物2kg食べ切るって、ハードル高くないですか…!(@_@)

とりあえず、料理に使いやすいように全部みじん切りして、お昼は納豆とネギと一緒にチャーハンに、夕飯は豆腐にマヨドレと一緒に乗せてみました。どちらも美味しかった んですが、全く減らなかった…(-_-;)

なので半分は冷凍して、もう半分はタッパーにどっさり冷蔵庫です。どうしよう。しばらく毎日しば漬けだ。

でもしば漬けを使ったレシピが意外といっぱいあってびっくりしたので(@∀@)、片っ端から作ってみるのも意外と楽しいかもしれない!

ってことにしとく!!


まだミョウガ臭い…!
 

ヒマワリ畑 その後


芽が出た段階の写メを載せるのを忘れた気がしますが、だいぶ大きくなりました!雑草も伸びているので見えづらい感じになってますが、色の違う緑の列がわかるでしょうか♪(^-^) 早く花が咲かないかな!


今日は 久しぶりの友だちに会えました:゜・+。:*・'+,。
日帰り帰省だそうでちょっぴりの時間でしたが、震災の後来てくれたときは私の都合が悪くて会えなかったので、会えてうれしかったです(´U`)
娘ちゃんはすっかり大きくなって、『赤ちゃん』じゃなく『女の子』になってた!ほっぺが友だちに似ててかわいかったのでツンツンしてたら泣かれました。ごめん…

小学生の頃からよく遊びに行っていた彼女の実家も、津波の被害に遭ってしまって未だ何かと大変そうです。でもご家族がみんな無事で、本当によかった。
『もしここ(彼女の家)まで津波が来たら そのときは町終わるね』なんて言っていた、その『もしここまで』、津波は来てしまったので、本当に町はひどい状態です。この状況の中、私の大切な人たちやその家族がみんな無事だったことが奇跡みたい。ありがたいことです。


それから、今日、港近くの会社で被災した父の車が見つかったという連絡が来ました。震災後何度か探しに行ったけれど見つからなかったので、火事で焼けてしまったのかと思ってすっかりあきらめていました。今になっての知らせにびっくりです。
廃車確認のための通知なので、もちろんまた使える状態で車が戻ってくるわけではないのですが、一度父か母が見に行って来る予定です。どこでどんな状態で見つかったのか超気になる。

4ヶ月経っても、街中にあふれた車の処理は未だ進行形なんだな と、改めてその膨大さを思います。
どんどん撤去が進んでも全然なくならない瓦礫ですが、見つけたいものが見つからない人たちのもとへも、少しずつでも、何か朗報が届くといいな。
 

リンク追加♪♪

友だちがブログを始めたので、リンクに追加させてもらいました(^-^)
漫画家さんとかではなくふつうに地元の友だちですが、たぶん私が日々一番お世話になっている友だちです…!(@∀@)
ブログ歓迎

おヒマのある方、ぜひ遊びに行ってみて!(^-^)
@Яecycleさんのブログ
http://m.ameba.jp/m/blogTop.do?unm=32325-episode&guid=ON

と、相変わらずここ↑から飛べるようにできなくてすみません(-_-;)
うちの地域の光回線復旧のメドが、なんと未だに全く立っていないということがわかってガクゼンとしています…。
もともと、この辺りの地域は自治体と協同での開通だったので、それが破損してしまった今の状態では改修が容易ではないそうで。
うちは固定電話も光回線だったので、それじゃ困る!と、とりあえず電話回線は普通に戻すことにしました。ネットもそのうちADSLでつなぎ直すことになるのかもしれません。

それにしても 国から予算をもらわないとダメなんじゃないか、くらいのレベルでメドが立たないってすごくないですか。
あんなに迷ってヒカリにしたのに…
 

サッカーな夜と朝


なでしこJAPAN、決勝進出おめでとうございます!\(^O^)/:゜・+。:*・'+,。
今朝の試合、一応目覚ましかけてみましたが全く気付かずに、いつも通りに(何なら遅めに)起きました。ナイター帰りで夜更かししてしまったので、そりゃ無理だよって話で。
でも朝一番でこんなハッピーニュースが聞けるなんて、最近なかなかないことだったのでとてもうれしい!

なでしこJAPANの快進撃には、北京オリンピックのときも元気をもらいました。がんばってる女性はかっこいいですね!私もがんばろう!そして決勝は絶対観よう!

そしてベガルタにも一人なでしこ戦士がほしい…!(できれば沢穂希…!)


画像は、キックオフ間近のユアテックスタジアム。節電気味のカクテル光線と夕焼けのコラボがきれいでした。
震災で壊れた配線ケーブルの復旧が済んで、7月も半ばにしてやっと今季初のナイターゲームです。暑くて死にそうだった前回と比べると、直射日光がないだけで観る側にとってもだいぶ楽でした。
監督のコメント通り、『これでベガルタの選手たちも 他のチームと同じ条件でリーグ戦に挑める』のですね!夏ナイター歓迎です!(^-^)


でも試合は、スコアレスのドローでした…(+_+)
きのう一緒に行った友だちはサポーター席デビューだったので、勝って盛り上がるときの感じを体感させてあげたかった!残念!
私完全に立ち位置オカシイね。

惜しいシーンがいっぱいで悔しい試合でしたが、黄金世代にはヨダレが出そうな(出ませんが)清水の小野伸二&高原直泰が見れたのでまぁ良しとします。小野伸二のコーナーキックに対するベガサポの大っブーイングが一番楽しかった♪(^w^)


あ、サッカートークそろそろどうでもいいですか。止められないと延々続けてしまいそうなのでこの辺で。
 

平日ユアスタ!


4月2日のハズだった清水戦です。平日に振り替えられてガッカリしていたんですが、一緒に行ってくれる友だちが見つかったので来てしまいました!
平日に観戦来るのはもちろん初めてですが、空いててびっくり!

震災後のホーム初ナイター、久しぶりの勝ちで飾りたい(^-^)
 

4ヶ月目

大震災から今日で4ヶ月。東北地方も梅雨明けが発表されたそうで、例年よりだいぶ早い夏の到来となりました。今年はあんまり暑くならないでほしかったんですが…

瓦礫処理や各種工事に携わる方々や、避難所・仮設住宅暮らしの方々、節電しようと思っている私たちにとっても、連日の暑さはやさしくないよね(´ε`)
震災はたった4ヶ月前のことなのに、季節の上での4ヶ月はずいぶんと大きな違いなんだなぁと思います。あの頃のつらい寒さに、今のこのムダな暑さをわけてあげたい…!


今日は、先月末に仮設住宅に入居した伯父夫婦のところに行ってきました。
先日も日記に書きましたが、市内(町内)を走る国道に架かる橋がやっと開通したので、お隣 南三陸町に行くのがとても楽になりました。今までと大違い!元に戻ったというだけのハズなんですが、とてもとてもありがたく感じました

でも、震災後初めて通る大橋付近は、もう見知らぬ土地みたいに景色をがらりと変えてしまっていました。
堤防のなくなった川は水面が近く、その川のまわりは未だに水が引いていないのです。まるで川や沼がいくつもある 広大な湿地帯みたいでした。けれどもちろん、豊かな生命を育む湿地帯とは全く違い、干上がりひび割れた土砂と瓦礫の隙間を、海水なのか溜まった雨水なのかもわからない水が埋めているだけの土地。川沿いにあった街は跡形もなく、線路だった鉄橋の上にはまだどこかのお宅の残骸が乗っています。海岸線が、嘘みたいな近距離に見えていました。

4ヶ月が経っても、傷はまだ痛々しい。どこへ行っても目に入る 似たような瓦礫の光景は、ほんとは全部夢なんじゃないかと、今でも時々思ってしまいます。


伯父さんたちが入居した仮設住宅は、地元企業が提供してくれた民有地に建てられたところです。なので、同じ地区の人たちがみんな一緒の仮設住宅に入居できるように取り計らってもらえたそうで、よかったなぁと思います。そういう柔軟な対応、意外と難しいんだそうで、何度も会議が重ねられたようでした。
ちなみに伯父宅のお隣さんは、震災前から毎日伯父宅に遊びに来ていたチビッコちゃんたちのお宅でした。入り口にはアンパンマン!

看板代わりに大きなぬいぐるみを置いている家は他にもありました。同じ建物・同じ部屋でも、それぞれに 干された洗濯物や虫除けの工夫があったりして、一つ一つの部屋に一つ一つの生活が始まっているんだなぁと思いました。そういう、『生活』が見える空気って、ホッとする。

私たちがお邪魔したのが午前中の比較的涼しい時間帯だったということもあり、新居(??)は思ったより快適に思えました。こぢんまりと全てが揃って、どこかの普通のアパートみたい。大きな避難所から仮設住宅に移った方々は、例え仮設でも『自宅』の存在にやっと一息つける思いをしているんじゃないかな。
思わず、仮設住宅に入居した(&する)であろうたくさんの知人の顔が浮かびました。

ただ、4人までがみんなこのサイズの部屋なのかと思うと… 伯父夫婦は2人暮らしだからいいけれど、高校生の息子2人と両親、とか、身体の不自由なお年寄りのいるお宅とかは、狭くて大変だろうなぁと思います。
みんなどうしてるかな。元気かな…


仮設住宅でいろいろな話をして、もう来月はお盆なのか…なんて思って、あぁ じいちゃんにはもう会えないんだよなぁ って 急に寂しくなって、帰りにまた痛々しい大橋を通って、いろいろなことを考えた一日でした。


未だに避難生活を強いられているたくさんの人たちが、全員、一日も早く『自宅』でホッと一息ついて、新しい生活を始められますように。
 

アリンコホラー・2

※引き続きどうでもいい話ですが、できれば1から読んでいただけると…


夜9時過ぎ、妹が帰宅しました。虫嫌いの私にアリを駆除させたことを気にしてくれたのか、『ごめんよ…』と、ローテンションでの帰宅です。でも私は絶賛アリンコ退治中なので、おかしなハイテンションです。

私がリビングで夕飯休憩をしてる間にも 寝室や台所はアリンコ行列続行中だったようで、部屋を見るなり妹もショックを受けている様子。てかさっきまでこの5倍くらい居たんだよ!お姉ちゃん珍しくがんばったんだよ!
なのにまだ居るアリ。

妹の話では、私が泊まるということで前の晩に掃除したらしいのですが、そのときはアリンコ全くいなかったそうで。気づかなかったとかじゃなくてよかったですが(そりゃそうだ)、でもじゃあなおさら、なんで今日!? (どうしてもソコ)

妹が遅めの夕食をとる間も、話はひたすらアリンコトーク。寝室をなんとか布団を敷ける状態にまでしなければと、現れるそばからアリンコをやっつけるのに忙しくて、『もののけ姫』がちっとも入ってきませんでした。アリめ!(持ってるけど『もののけ姫』)

寝る頃にはアリンコもだいぶ減りましたが、コンタクトを外すとゴミなんだかアリなんだかわからなくなって うかつに裸足で歩けないので、枕元にはガムテをスタンバイです。次の日は朝からサッカーなのに、予定よりだいぶ遅めの就寝となってしまいました。


翌朝、起きたらいなくなってた!

なんてわけはなく、数はだいぶ減ったものの、相変わらず寝室の隅っこをせっせと歩くアリンコたち。
『アリはでも、悪さしないで、きちんと列作って歩いてるよね』と、妹が職場の上司に言われて来たそうですが(なんてのんきな)、確かにそうなんですが、ならこのままお行儀良くお引き取り願いたいところです。

しかし、ちゃんと起きてコンタクトを入れてみると、朝日が入って明るくなった台所には未だ大量のアリンコ行列がありました!減ったの寝室付近だけだった…!(+д+)

どうやら流し台付近にもアリンコの出入り口があるらしく、こちらはペットボトルや空き缶などの甘い飲み物の空き瓶をめがけて アリンコ本来の正当な行列仕事をしているようでした。いただき物のキャンディは特にひどく、袋の中がアリンコキャンディになっているのが丸見えでした。
もしかして、きのう寝室に居たアリンコもみんなここを目指して来ていたのかな…!こわっ!!

キャンディは密閉したゴミ袋ごと外に捨てることにしましたが、台所のアリンコたちは散らばりすぎて手に負えません。てかこれからサッカー行くのに朝からアリンコの相手なんてしていられません。

そこで、きのう買った“アリの巣コロリ”を、一つ台所の流し台付近に置いて出かけることにしました。もう一つは、予定通り外のアリエッティ口付近に置いて、部屋の隅にはキンチョールを振って、あとはもう知らん!!
出発です。


この日は 今年初のサッカー観戦にウカレた一日だったので、仙台ではアリンコのことなど忘れてユアスタを満喫しました(『氣志團がやって来た!』参照)。


そして帰り道、一緒に行ったお仲間さんの
『うち最近アリがすごいんスよね』
という一言に、過剰反応する私と妹。
仮設住宅でもアリの被害は多いと聞くし、今年はどこもアリンコ大発生なのでしょうか。よく見る“絵に描いたようなアリさん”なクロアリではなく、小さくて茶色がかった、蜜食タイプの気持ち悪めのやつです。(アリの巣コロリ情報)

それとも、震災で妹のアパートも所々壁にヒビが入ったりしたせいで、どこか見えないところに隙間が空いて、もしかしてアリの通り道ができてしまったのでしょうか。


きのう一生懸命退治したアリンコ、帰ったらまた元通り大発生になってたらどうしよう…
退治してもしても常にアリンコハウスになるルートが確立されてしまっていたらどうしよう…
アリの巣コロリの効果ってどのくらい??
てか疲れたから今からアリの相手するの無理…

様々にぐるぐる考えつつ、妹と2人で いざ帰宅。


すると…



アリンコいない!!(@O@):゜・+。:*・'+,。



びっっっくりしました!あんなにそこら中に居たアリが、きれいさっぱりいなくなってた!

数匹、はぐれアリ的な残念な子らを捕ったら、あとはほんとにどこにも居なくなりました。ガムテで塞いだ穴付近にも、甘い匂いのゴミ箱付近にも、見事なまでの完全撤収です!

アリの巣コロリ ハンパねぇ!!(°Д°;)!!

あの大行列のアリンコたちが、標的をゴミ箱の缶からアリの巣コロリに乗り換えて 一匹残らず巣に帰るまで、DUSH村の早回しカメラみたいので一部始終観察したかったです。どんだけ媚薬なの!

その日は疲れていたのですぐ寝ましたが、洗面台に立つにも布団を敷くにも、いちいち『アリが居ない!素晴らしい!』と大ゲサに感動してしまいました。感動のあまり 妹と2人でアースさんにお礼の手紙を書きそうになりましたが、思いとどまりました。


おかげさまで、その後アリンコ被害はピタリと止みました。アリンコたちには申し訳ないけど、本当に助かった!!

結果的には、ひどい被害は一日だけで済んだことになるので、まぁよかったよね。これが一日ズレて、サッカー帰りでアパートアリンコまみれだったら、きっと2人で実家泊まったよね。
逆に普段、妹が仕事から遅くに帰宅してアリンコパーティーだったら、徹夜で戦うか車中泊だよね。
本当に、たまたま私が行った日で、次の日留守にできる日でよかったよね!

でも結局、最悪状態のアリンコパーティー目撃したの、私だけだよね!
よくもピンポイントで私の居る日にぶつけてきてくれたよね!
アリ、私の中で『自分で対処できる虫』から『嫌いな虫』に配置換えだよね!
当然だよね!


茶の間の天井から謎の甲虫が落ちてきて逃げたり、部屋に蛾が居て風呂上がりの親に泣きついたり、ハエ叩きで致命傷を負わせたハサミ虫を 取って捨てるのが気持ち悪くて放置してたら怒られたり(※全部きのう一日の話)、夏は家の中に居ても穏やかじゃないよね…。


そんな、虫嫌いにしかわかってもらえないこのフラストレーションを、ただ誰かに言いたかっただけでした。
どうでもいい長文日記 失礼しました!

ああスッキリした!
 

アリンコホラー

先週末、朝からサッカーに行くために前日から妹のアパートに泊まったときのお話です。
アリンコ大発生にパニクったというだけのどうでもいい話ですが、私にとっては大事件でした。


金曜日、私は夕方のバスで妹宅に向かいました。妹は仕事で帰りが遅いので、勝手にお邪魔して勝手に何か作って食べてるよ☆ と、食材何もなかったら近くのスーパーにブラブラ買い物に行く予定で、それも楽しそうかな♪なんて、ちょっとウキウキでした。

バスの中が 私以外全員某高校の生徒(満員)という超気マズイ20分に耐えたものの、最後の最後に動揺して一つ手前で下車してしまうことになるのですが、それはまぁいいのです。

アパートに着いて、まず洗面所で手を洗っていると、第一アリンコ発見。

うろうろしているアリンコたちは、妹の愛用しているお高い洗顔バーに集まっているようでした。なんで石鹸に??
気持ち悪かったので、そこら中のアリをとりあえず洗い流します。
そして アリンコたちが洗面台と壁の隙間から出てきているようだったので、クローゼットを勝手に開けてガムテープを探し、貼り付けて穴を塞ぎました。残等たちも全部流して、這い出て来ないように一旦排水溝をスポンジで封鎖。
まさかアリンコに出迎えられるとは思っていなかったので、すでに『夕飯何作ろう♪』のテンションは若干ダウンです。

うちでは昔から アリ退治には熱湯だったので、お湯を沸かして排水溝に流してやろうと、ポットにスイッチを入れました。
と、よく見たらキッチンにもアリンコ…
てか黒っぽい木目のフローリング、よくよく見たら…!

床にも流しにも棚にも、至る所にアリンコ大行列だったのです!!(@_@)

列を辿って寝室を開けるとさらにギャー!!!
部屋の一番奥、ベッド裏の隅っこに穴があって、そこから次から次へと何列もアリンコたちが流れて出て来ているではありませんか!何なら走り出して来てんじゃないかというすごい数。そこからアリンコは大行列を組んで、部屋をぐるぐる囲んでいたのです!
ガムテで捕れるレベルじゃない!!キモイ!!!

アリは、虫嫌いの私が自分で対処できる数少ない虫ですが(他は蚊とハエと小クモ程度)、こんなに大行列だと話は別です。パニックです。だって私、今夜この部屋に布団を敷いて寝ようとしているのに!絶対無理!!(@□@;)

そこから 妹(※仕事中)に『アリ屋敷じゃん!』というメールを送った後、比較的アリが少ないリビングのソファに一旦逃げて、半べそで母に電話しました。こっちが必死なので母は笑っています。何てこと!

妹からは『アリそんなに居た?どこに??』という予想外の返信。この大群に気付かないほどボーっとしてるんだったらこの子どうしよう と思いましたが、仮に昨日まで居なかったのだとしたら、何故今日、わざわざピンポイントで私が泊まる日を狙ってパーティーしてんのアリンコたち?? と、それはそれでガッカリじゃないか。

何にせよ、どうやらこれを私が全部駆除しなくちゃいけないんだなと…、まずは薬局に駆除剤を買いに行くことにしました。
母に言われた通り、家の外側をチェックしてみると(妹の部屋は一階です)、寝室の穴のちょうど外側、床下のアリエッティの入り口みたいなところに、アリンコが家の中にモーレツダッシュしている列がありました。
『ここかおまえら!』すでにだいぶテンパっていて、独り言が多くなってます。

駆除剤はどれを買ったらいいのかがわからなかったので、比較的見た目が気持ち悪くなかった 吹き付けるタイプのアリ用キンチョールと、置き型タイプのアリの巣コロリ を購入。
いつも思うことですが、害虫駆除剤のパッケージ外見、リアルすぎて気持ち悪いのどうにかなんないかな!虫嫌いは絵でも触りたくないし何なら見たくもないんですよ!

ちなみに夕飯の買い出しはもうどうでも良し。
でもあまりに動揺していたので、なんかプリンを購入。


部屋に戻ると、見れば見るほどアリだらけ…。独り言さらに増発です。
とりあえず片っ端から吸い取ってやろうと、半ば無理やり掃除機をかけました。が、アリンコ小さすぎてなかなか吸えず。
それどころか、掃除機に攻撃されたことで畳の隙間に入り込んだり逆走したり、アリンコがパニクり始めました。列を乱してうわーって散らばったので私もうわー!!(T□T)
一旦ソファに逃げて深呼吸。

これは元を断つしかない と、やっぱりまずは穴をガムテで塞いでからにすることにして、意を決してベッドの上にスタンバりました(大ゲサ)。

しかしアリンコは次々出てくるので タイミングも何もあったもんじゃなく、仕方がないので直視せずにエイっ!とアリごとガムテで抑えました。
直視しなかったのでコントロールをミスって何回かやり直すハメになりました…。結果、よけい気持ち悪い。

そしてアリンコたちが帰り道を失ってうろうろ逆走し始めたので、部屋の入り口で待ち構えてまたひたすら掃除機で吸う!
カーペットの隙間に入ったやつがいると思ってちょっとめくると、今までお行儀良く隅っこ沿いを歩いていたアリンコが一斉にめくられたカーペットの下に入り込んでよけいややこしいことになり、半べそ加速。

オマケに台所側から寝室にどんどん流れてくるので(帰り道なくなったって気づいたの??)掃除機で吸いきれず、寝室入り口の通り道ポイントポイントにキンチョールを振って、掃除機も放置で一旦寝室はドアを閉めました。
そしてソファに非難して深呼吸。

どこかで聞いた『アリの大群は象をも倒す』というのがずっと頭の中を占拠です。

汗だくで半べそで独り言(というかアリに対する苦情や文句)をしゃべり続けていたので、ちょっと休憩ついでに外側のアリエッティ口にもキンチョールしに行きました。

薄暗くなったし、まいっか☆と思って ずり下がり気味のスキニーにキャミソール一枚というだらしない格好だったにも関わらず、まんまとご近所さんに遭遇。ちょっとあわててるのを悟られないようににこやかに応対です。

ご近所さんは『甘いもの出しっぱなしにすると大変だよ!全部冷蔵庫だよ!』と言っていましたが、不思議なのは、妹の部屋にはアリが集中しそうなものが特になかったということなのです。ヤツらってば、何を目指すでもなくただ大量発生したの?? そんなバカな。
てかなぜ急に今日…!(どうしてもここがネック)

おばさんに『がんばってね~』と励ましてもらいながら、また部屋に戻りました。

ガムテで塞いだところからはそれ以上増えなさそうだったので、一度妹に掃除機の細かい使い方を確認して、そっからは細い隙間用ノズルで隅っこを集中攻撃です。畳の隙間に入ろうとするヤツも狙い吸い。台所もリビングもフローリングは一気にガーッと、シンク下や棚の奥は細ノズルで列を追うように、ポロポロ逃げるヤツはガムテでパシパシ、壁際の隙間にはキンチョール!

そんなこんな、大騒ぎで(※独りで)アリンコと格闘し、気づいたら夜8時を過ぎていました。妹の部屋に着いたの、5時半過ぎ。薬局行ったの、6時過ぎ。


結局夕飯は、ありあわせで適当に食べました。
夕飯中も、リビングにぽつぽつ出没するアリンコたちをガムテで捕っては捨て、ごはんを食べ、アリンコ捕っては捨て、の、くり返し!いなくならないし!!
パソコンまわりやケーブル伝い、チェストの上のカレンダー、本棚の隙間。至る所にアリンコが出没します。その度に、“実はこの裏に何か虫の死骸が…??”とか、恐る恐る見てもみたんですが、何もないのです。
じゃあ君ら用事ないよね?? って話です。何してんのここで?? って話です。
9時過ぎたけどプリン食べます。

長くなったので2につづく→
 

ジブリ病

やっぱり今夜も見てます『魔女の宅急便』。ジブリは無視できないんだってば
今のアニメはどれもくっきりデジタルっぽいけれど、このころのアニメは手描きっぽさ全開でアナログな感じが好きです(´U`)
魔女宅は特に街が…!大好きすぎて私もここ住みたいくらいです。路地や建物や石畳や、憧れなツボを突きすぎてる海の見える街!素敵!(母に『うちからも海見えるよ』って言われた…)


先週の土曜日、うちの町で ジブリの新作『コクリコ坂から』の上映会があったのですが、翌日の新聞を見て衝撃を受けました!なんとサプライズゲストで宮崎駿さんがいらしたそうで…!さらにジブリの鈴木プロデューサーとエヴァンゲリオンの庵野監督も一緒だったとか!
……!……!!(@O@):゜・+。:*・'+,。

3人の来場は予告ナシだったそうですが、ヒマだったらきっと私も上映会観に行っていたハズ…。そしたら宮崎監督にお会いできたかもしれないのになぁ~!残念!
その日私ユアスタに居ましたが。


あ、もたもたしてたら映画終わっちゃった。
 

七夕花火



…見れなかった(;_;)

毎年、七夕の夜には 近くの旅館で花火が打ち上げられていました。私が大好きなパン屋さんのあるところでもあった、はまなす海洋館。本当に海の目の前だったので、津波で大破してしまって最近取り壊し工事が始まったのですが、今年も、復興を誓って花火を上げると言うので とてもうれしくなりました(;U;):゜・+。:*・'+,。

お料理もパン屋も美味しくて、女将さんのインテリアセンスも素敵で、自慢の海を広く望む眺めは言うことなしで、雑誌にも紹介されちゃう人気結婚式場でもあって、地元の私たちにとっては定番の場所だったのです。また再建してほしいなぁと、ずっと密かに気になっていました。簡単なことではないと思いますが、復活に向けてがんばってくれるなら応援したいなぁ!

しかし今日はあいにくの曇り空。七夕の夜はわりと毎年こんなんが多いですね。梅雨ど真ん中だもんね。夜はさらに靄がかかって、海辺の夏祭りにありがちな“一面真っ白で何も見えない”という残念なコンディションとなってしまいました。

これじゃ花火は見えないなぁと、諦めたのですが、いざ時間になって音が聞こえたら、やっぱり気になってちょっと覗きに行って来てしまいました。もう花火終わってるのに…どうしてもちょっと様子が見たくて…


解体されてほぼ骨組みだけになってしまった海洋館は、それでもチャペル部分が奇跡的に無傷だったそうで、普段はビアガーデンになっているそのウッドデッキのテラス部分にたくさんの人が集まっていました。明かりは間接照明だけで(キャンドル??じゃないよね?発電機使用かな??)暗かったけれど、女将さんやみんなが笑顔で集まっているのが見えました。遊歩道のライトアップはよく見たらハート型になっていて、子どもたちや撮影する人の人影がたくさんでした。(一応写メってきましたが…ほとんど見えないですね…)

天気が良ければもっと気持ちいい眺めだったろうなぁと、本当に今夜の七夕靄が恨めしいのですが、この靄の匂いはちょっと嫌いじゃなかったりもします。“THE・夏の海!”という感じで、懐かしいようなこそばゆい匂い。

匂いがいつもの夏と同じなのに、景色がまるで違うのも、ちょっと寂しいけれど…。


織り姫と彦星は、今年は(も??)誰にも邪魔されずにこっそりデートできていいんじゃなかろうか!(!?)

被災地の、みんなの切実な願い事が叶いますように。。。
今年ほど強く願う七夕もないかもしれない。
 


ベルばら切手


震災以降、最寄りの郵便局が車で15分 とかになってしまったので、“寄ったついでにかわいい切手が出てないかチェックする”ってのができなくなりました。
なので発売日をだいぶ過ぎてから知ってもうあきらめてたの、見つけた!ベルばら切手~(>U<)

別にぜひとも買いたかったわけではなく、『見たかった~』という感じだったのですが、実物見たら買っちゃった。だってキラキラしてかわいかったんだもん。
でもなんだか微妙に原作とタッチが違うような?? 今風バージョン?? アニメバージョン?? ジャンヌが美人になってる気がする…。
関係ないけど私はアンドレ派です。


私は記念切手など好きでよく買いますが、手紙を書くときに 切手もレターセットに合わせてコーディネートするのが好きなので、珍しさとかじゃなく完全見た目重視です。コレクション目的ではなく、買うからには使う気満々!
でもたまに、こんな風に…もったいなくて使えないやつが…。どうしよう。
(と言いつつたぶん使いますが)

でもきっと 去年買ったW杯記念切手は使えない気がする。
なんか間違ってる??
 


氣志團がやって来た!


土曜日、今季初のサッカー観戦に行ってきました!うわ~ユアスタ久しぶり!(;▽;)

もともと3月12日に行くハズだったのが約4ヶ月遅れになってしまったので、観戦予定もだいぶ変更になりまして、今回は後援会気仙沼支部のみなさんと一緒のプチツアーで行って来ました。女子は私と妹を含めて3人だけだし年齢層も幅広いですが、後援会のみなさんと居ると私がサッカーバカなことが浮かないのでとても気が楽です(笑)。 楽しかった!お世話になりました(^-^):゜・+。:*・'+,。

それからスタジアムでは、いつもお世話になっている友だちの旦那さんの計らいで、今回なんと3列目で観戦させていただきました!コーナーキックとか超目の前!
しかし晴れ女はサッカー観戦には困りもの…。炎天下で叫び歌い続けるのは消耗がハンパなかったです(+_+) 跳びっぱなしな一番のコア席ほどは激しくないエリアだったので助かりました。ギリ90分保ちました。暑かった。
私の体力不足を心配して、冷却タオルを貸してくれたり もしものために涼しい場所にも席を確保してくれたりしたみなさん、本当にありがとうございました…!今回もお世話になりまくりでした!(>_<)

てか ただでさえなまってる体に、今年一発目の観戦が夏のデーゲームってのがまず間違ってるもんね。やっぱり春から徐々に慣らさないとね(本来は7月までに最低3試合行く予定にしてました)。
振り替え試合は来週も行くんですが、次はナイターなのでたぶん大丈夫!…なハズ!今度はちゃんと冷却タオル持参で行きます。


前にブログに書きましたが、この日は氣志團のみなさんが約束通りユアスタにやってきてくれて、ハーフタイムに『スタンディング・センダイ』のライブをしてくれました! 氣志團、炎天下で学ラン姿なのに超軽やかに踊ってました。かっこよかった!
ほんとはベガルタチアリーダーズやベガッ太くんと一緒に歌い踊ってるところも撮ったのですが、なんかブログに載せちゃいけないとか書いてあったので… 試合後にスタンドを一周してくれたときの写メだけにしておきました(…アラ?? これもダメには違いないのか??)


肝心の試合は、先制したのにオウンゴールで追い付かれてちょっと悔しかったですが、苦手な名古屋からの初の勝ち点だったということで、まぁ良し!なんだと思います。楽しかったし!

ベガサポは、ベガルタががんばっていることで本当に元気がもらえてうれしいのです。戦うベガルタの選手たちもそれを支えるみなさんも、応援に来てくれた氣志團のみなさんも、本当にありがとうございます!(´U`)

来週も楽しみ♪♪
 

懐かしLOVELY


インドネシア版のラブリーが届きました!もう何年前の作品なんだろう…私の『LOVE&PUNCH』を掲載していただきました。いつも忘れた頃に届くので、なんだか不意打ちでうれしいです(^-^)

これ、日本で普通に掲載されたときのタイトルは『恋とパンチ』でした。自分では最初『LOVE&PUNCH』で希望を出したので、まわりまわってインドネシア版で訳されてこのタイトルになっていたことがちょっとうれしかったです
しかしそれを大きく上回る、愕然とするほどの下手くそっぷりでした…(-_-;) いやぁ…自分の漫画なんだからそれは知ってるんですが…。うん。

昔描いた作品は、目を覆いたくなるような恥ずかしさと、抱きしめたくなるようなかわいさと、なんだか複雑な感慨です。描いていたときのことまで思い出してしまうので懐かしい。
ありがとうございました


ところで
サッカー観たり反動で疲れてぼーっとしたりしていたら、あっという間に7月も4日が過ぎてしまったようですね。ナニゲに濃い月初めだったので、後でまとめて日記を書こうと思います。

今日も暑かったなー(+_+)
 

プロフィール

大原彩

Author:大原彩
★WELCOME★
★COLORFULJAM★

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
FC2カウンター
リンク
このブログをリンクに追加する
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。