スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一人暮らし もどき

きのうから、両親が出かけて家に私一人です。
この状況なのでもちろん、旅行に私だけ置いて行かれた とかではなく、祖父が避難している仙台の叔母さんのところに行っているのです。じいちゃん、持病持ちなのでちょっと心配(´`)。(ちなみに津波で全壊してしまった祖父宅は“南三陸町”にありました。小さな田舎町だったのに、震災の被害がひどかったおかげですっかり全国区で有名になってしまった…)


家に一人でほぼ一日中フリータイム!! だなんてめったにないことなので、いつもの“あれやりたいこれやりたいでも時間がない!”を、今こそ思う存分実行すればいいんだと思いますが、意外と何もできないよね。
誰にも気兼ねなくDVD観ることも、集中して創作活動することも、未だに読んでないハリー・ポッターの最終巻(いい加減にしろ)一気読みすることも、失敗前提で作ったことない料理に挑戦することも、何ひとつ手につきません…。『気分じゃない』と言ってしまえばそれまでなんですが、気分がモヤモヤするときにこそ、何かに没頭して メンタルもうまくコントロールできたらいいのになー。

でも、普段あまりやらない家事などの細かいことをしている時間は、気分転換になってちょっと楽しいです。ペースつかんできて鼻歌のひとつも出る頃には夜になってしまうのが何とも言えないんですけども
私は昔から暗いところが苦手で、夜一人で離れに行くのも無理なほどのビビりっ子だったんですが、震災後の停電生活に慣らされて 今は真っ暗でも超平気になりました。でも両親がいないときに虫が出たら怖いので、夜はさっさと寝ます。

こんなにぼーっと一日を過ごしていいんだっけか。
いやダメだろう。
どうしよう。

明日はもうちょっとシャキッとしよう…!
 
スポンサーサイト

春らしく


庭のチューリップにつぼみが見えてきました。うれしい!
あちこちで満開の桜だけじゃなく、すぐそばのスイセンやヒヤシンスやデイジーなど、花たちは何事もなかったかのように、今年も次々に咲いてくれています。毎年、庭や散歩道の花が咲き始めるとウキウキするんですが、今年は例年より割り増しでうれしいです。つぼみを写メってしまうほどに(´U`)

しかし春らしくなるにつれ、風が強い日も増え それに伴い波も高いです。うちは海の近くとはいえ 歩いて3分くらいの距離はあるのですが、津波後は急に海が近くなった気がします。夜は波の音が近すぎてちょっと気持ち悪いくらい。ますます強く当たるようになった(気がする)潮風に、花たちが負けなきゃいいなぁ!

え…てか 考えてみたら、うちより海側にある家はほぼ流されてしまって 半壊や浸水した家が数件残っているだけなんだ…!(今これ書きながら気づいてゾッとした…)そりゃ海近いわ!(@_@;)
今日は少し波もおさまってよかった。。。


今日、漫画家友だちのハタノヒヨコさんから、『物資』と呼ぶにはあまりに素敵な小包が届いて…! しばらく母と2人ではしゃいでしまいました。
先日は地元の友だちが、これまた私のツボを突いた差し入れをしてくれてキャーキャー大騒ぎしたところでした。
2人とも(てか2人に限らず)、私が一瞬で幸せになるものを選ぶセンスがハンパないです!
ありがとうございました!

母に『アンタは大したこともせずにぼんやり暮らしてるくせに、こういうときこんなにいろいろ送ってくれる友だちにはたくさん恵まれてるねぇ』と言われたんですが、…若干引っかかるところもあるんですが、でもその通りだな と思いました。
相変わらず、まわりに支えられてばかりだし いろいろなことを考える機会をもらってばかりの毎日です。これから先、この恩を一瞬でも忘れたらその瞬間に雷に打たれて死ぬんじゃないか と思うほど(いやマジで)、一つ一つの出来事やいただく気持ちやいろんなものが、本当にありがたいです。

うん。がんばろう…!
 

お花見・2


夜桜もとてもきれいでした(´U`):゜・+。:*・'+,。

ここ数年はお花見なんてしていませんでした。桜の見頃とお天気と週末の予定とを合わせるのは、なかなかに難しいのです。
でも、“お花見しよう!”と思えば都合なんてなんとかなるんだなぁと思いました。寒くてちょっとめんどくさかったけど、マンマリカに会いたくて無理やり出かけたのですが、津波があっても桜は咲くし、雨が降っても人は集まるし、楽しむ気持ちがあれば楽しめるんだと思いました。楽しかった!

コンサートは、メインの小川ロンさんと ゲストの多喜子さん、マンマリカのみなさん。それぞれに歌声が素敵だったのはもちろんですが、集まったお客さんと距離が近くアットホームな雰囲気だったことが何よりスペシャルな感じのコンサートでした。いろいろなところから来てくださっているボランティアのみなさんとお話できたのもうれしかったです(´U`)


…本当は、楽しく飲んでいる中にも 家を流された人や家族を亡くした人がいます。一緒に笑っていても、抱える悲しみや不安はみんなそれぞれで、私は時々、家も家族も失っていないことがなんだか申し訳ない気持ちになることすらあります。
でも、ゆうべのような時間は、少しでも一瞬でもみんなが同じ楽しさを共有できる気がするのです。(私の気のせいかもしれませんが…)それがうれしかったです。


毎年恒例お花見コンサートは、きっと来年も開催されるんだと思います。
来年もきっと行こう!そしてまた、大きく咲き誇る桜を写メってブログに載せよう!

ゆうべお会いしたみなさん、ありがとうございました!(^-^)
 


お花見


あいにくの雨ですが、桜は満開です。
お花見も中止になんてなるハズもなく、ちゃんとテントが張られて焼き肉用の鉄板や食材が山盛りでした。ていうかみんなすでに一杯始まってました。サスガすぎる…!祭り好き…!

今夜のお花見コンサートには、マンマリカのみなさん(※去年のとっておきイベントの記事参照)もゲスト参加するそうで 楽しみです(^-^)♪♪

満身創痍


私の散歩道にある、桜の木です。

うちから海の方に向かって坂道を下ると、海岸を目の前にしてマリンセンター(★浜の集会所)がありました。センターの土手には桜の木がありました。
坂道の途中までも達した津波に流されて、今、マリンセンターは基礎しかありません。土手もありません。桜も、なくなってしまったんだと思っていました。

でも、あったのです!桜!

瓦礫と土砂に景色を変えられてしまった散歩道、土手じゃなくなってしまった元・土手に、桜が一本だけ残っていました。
ボッコボコに折れ曲がって、瓦礫やゴミが引っかかって、立っているのか倒れているのかもわかりません。なのに満開だったの…!

ちっとも絵にならない、むしろ無惨な姿の桜の木でしたが、うれしくてたくさん写メって来てしまいました。海水をかぶっても埃にまみれても冬みたいに寒い日が続いても、がんばってたんだなぁこの子!すごいな!かっこいい!


この辺りも、やっと桜が咲いてきました。瓦礫に桜、というのもなかなかにレアな景色ですね(てか見なくていいよね…)

世間ではお花見自粛ムードだそうですが、うちの地域は明日お寺(避難所)でお花見です!楽しみ♪♪
と思ってたら天気予報雨って…!!どういうこと!!(@_@)
 

『雲の遥か』

気仙沼市出身&在住のシンガーソングライター・熊谷育美さんの新曲『雲の遥か』が、今日発売になりました!宣伝!!

熊谷さんのことは このブログでも何度も(勝手に)紹介させていただいているんですが、今回の曲はまた超イイ!ので、みなさんぜひ聴いてみてください!

この曲を初めて聴いたのは、震災前のいつもの仕事帰り、育美さんのラジオで初オンエアだったときでした。私はいつのまにか泣いていて、『発売する頃に絶対ブログで紹介しよう!』と思っていたのですが、まさかリリースのタイミングでこんな状況になっているとは…。
3月10日に完成していたという曲なのですが、思いもよらなかった大災害を経験してしまった今、故郷を想う育美さんの歌声は、なお心に響き、染みてきます。私は今も、聴く度口ずさむ度に泣いてしまうのです。


命とか生活とか、そういう重大なことを脅かすようなレベルのこんな事態には、生きていくのに一番大事なものから数えていくと、例えば『音楽』や『スポーツ』や『お笑い』などは後ろの方にランキングされるものかもしれません。『漫画』もそうです。

けれど私は、FMから流れる音楽に あたたかさや元気をもらいました。
大好きなサッカー選手たちや楽天イーグルスの奮起に力をもらい、ベガルタや89ERSの再出発を心待ちにしています。
お笑い芸人さんのいつになく真剣なラジオを聴いて感動したり、かと思えば本領発揮のふざけたトークにゲラゲラ笑ったりしました。
漫画を読んで“楽しむ気持ち”を思い出し、漫画を描きたいと思えていることで 意外と前向きな自分に気付きました。

電気も水道も、携帯の電波さえまだ回復していなかったとき、音楽やスポーツや笑いや漫画は、私の中でかなりのランキング上位にありました。心が元気じゃないと健康に生きてはいけないことを実感した、なんて言ったら大ゲサかもしれませんが、そういう意味で、今まで心からのピンチになったことはないな と思います。

ミュージシャンのみなさんや スポーツ選手のみなさんや お笑い芸人さんや 漫画家のみなさん(他にも各方面たくさんのアーティストさんクリエイターさんたちなど)が、今『自分たちにできることをがんばろう』と各分野で素晴らしい活動をされています。それは、そこで生み出される作品が多くの人に直接元気を与えてくれるだけでなく、その活動する姿勢そのものから刺激を受け、活力が生まれる という点でも、とても大きな意味があると思います。
がんばっている人がたくさんいることは、とてもうれしい!

育美さんの曲も、育美さんががんばってることも、どちらも私にとってはパワーをもらえることです。楽天が勝ったことも、勝とうとがんばってることも。お笑いを見て笑うことも、芸人さんががんばってることも。私が好きな漫画も、漫画家さんたちががんばってることも。

私も、パワーをもらう側から発信する側にならなくては!


…なんか またくどい日記になってしまった…。なんでサラリと書けないんだ自分。

ていうかうちの地域には今CDショップもないのでした。残念。
 

キターーーーーーー!!

電気が復活しました!!夜なのに明るーい!テレビが眩しーい!てか何よりコタツが温かくて泣ける!(;▽;)(冷え症)

被害の大きかったこの市でも電気は徐々に復旧していたのですが、うちの地区は津波で倒れた電柱も多く、まわりの地域が通電してからもだいぶ取り残された感じになっていました。電柱が立って『もうすぐなのか!?』と期待し始めてからも一向に通る気配がないので、ついきのうまで、『なんかまだまだ先らしいよ』なんて噂も流れていたのです。
それが…!

電気を通す前に安全確認に各戸をまわるという電気屋さんが、どこに来たとか来ないとか、ご近所さんがソワソワし始めました。今日来ていなかったうちは、じゃあ明日なのかな~と思っていました。
ところが夜になってみると、うちのまわりのほとんどのお宅から明かるい光が漏れているではありませんか!うちの後ろの街灯まで付いてた…!

と、家族で庭に出てうろうろしていたところに、去年リフォームしたときからお世話になっている電気屋さんがやってきて、温水器やブレーカーを点検して安全確認をしてくれました。漏電箇所もなく、ここで約40日ぶりに、電気が付いた!!!
のです!

…こうしてみるとたったの1ヶ月強だったのに…なんだかものすごいことだった気がします。電気、なんてありがたいんだ!夜だったので、よけいに『付いた!』感がありました。

水道は、さらに復旧が難航しているようで、まだまだしばらく先になるようです。梅雨に間に合ってくれるのかな というレベルです。
でも電気があれば冷蔵庫が使えるので、気温が上がっても食べ物を保存しておけるし、洗濯機も脱水が使えるし、携帯の充電をさせてもらいにあちこち出かけなくてもいい!電気が付いた茶の間でコタツに入りながら、やっと『ああ、ここもちゃんと復興中なんだなぁ』と思いました。家々に明かりが灯る夜の景色は、やっぱり温かい気持ちになります。
毎日がんばって工事してくれている方々に、心から感謝します!本当にありがとうございます!:゜・+。:*・'+,。


でも、今夜は十六夜で月もきれいなのです。電気が来たからといって突然たくさん使わなくてもいいよね とも思う。せっかく朝の気持ちよさを知ったんだし、もう夜更かしして無駄にテレビ見たりネットやったりの生活には戻らないようにしよう…!
“喉もと過ぎれば…”にならないように、大切な電力を大切に使える生活でありたいなと思います。
 

4周年忘れてた…!

当ショボブログ ★COLORFULJAM★ 、4月7日で丸4年経ちまして、既に5年目に突入しておりました!さっき思い出して超びっくりした…!すっかり忘れてた!

はじめからショボいショボい言い続けて、結局ショボいまま定着したので(?)、ショボいことはもうそれでヨシとして触れないことにしますが、良くも悪くも変わり映えのない自分の日常を綴ってきたこのブログに、まさかこんな激変な出来事を書く日がやってくるとはね。。。そりゃブログ何周年とか忘れるよ、って話ですね。何ならほんとに4周年かどうかもあやしいです。

日記には私の日常を書くわけで、当然、私が行った場所や私のまわりの大好きな場所たちもたくさんここに書いて紹介してきました。

毎年 イトコや叔父叔母みんなで集まるじいちゃんち
10年以上お世話になっているバイト先
うちの町唯一にして最大の自慢 大谷海岸
その海岸が一望できる ブリッジ付きの駅
大好きなパン屋さん mola mola
そのmola molaのある海辺の旅館 はまなす海洋館
毎年“とっておきイベント”で盛り上がる★浜の集会所 マリンセンター
とっておきイベントに来てくれるお客様たちの常宿 2カ所
私の定番 ★浜の海散歩コース
その★浜海岸の磯場の潮だまり
今年の元旦に写メった、★浜海岸を見下ろす高台の小さな神社
占いの帰りに寄った港の神社と遊歩道
漁船の並ぶ“いかにも港町”な光景
夏の港祭りに花火を見た内湾
ハタノさんと一緒に行った 氷の美術館とシャークミュージアム
イカリモチーフの港町カフェ アンカーコーヒー
みんなの宝物のような溜まり場 リブクロ
同窓会や飲み会でよく集まる居酒屋
何かしら買ってしまうお気に入りの洋服屋さん
『いつもありがとうございます』と言われてしまうほど通ってた本屋さん
お世話になりすぎの郵便局
いつも締め切りギリギリで駆け込んでた宅急便の営業所
フカヒレ自慢の父の職場
大切な友だちの家


全部、なくなってしまいました。

パソコンが使えないので、当時の記事にリンクを張れないのが残念ですが、記憶に残っているその場所を思い出すと、ブログに書いた日記のことも思い出します。
あんなにも大好きだった当たり前の景色は、何度通っても見慣れない 凄惨な光景に変わってしまいました。

一度でもここに来たことのある人はもちろん、この町を知らない人でも、津波の爪痕を見たら胸を痛めずにいられないのではないかと思います。津波そのものの映像より、切なくさややりきれなさでいっぱいになる分 はるかにショッキングだと思うのです。
『残さなきゃ』と思ってとっさに撮った何枚かの写真は、未だに掲載する勇気がありません。


けれど
ブログは『日記』であり、『記録』でもあるので、復興の記録にも成り得るんだと思います。いつか“大好きな場所”たちの復活にウカレる日記を書ける日まで、ショボブログ、絶対続けるぞう!!

一日も早く、その日が来ますように(´`):゜・+。:*・'+,。
 

おしゃれショコラ


画像付きのブログを更新するのは超久しぶりな気がします。これは撮らなきゃ食べれません。
友だちがお土産に買ってきてくれたチョコレートです!これチョコレートってどういうこと!超かわいい!!

救援物資で甘いものもいただいたりはするんですが、この子はそういうのとはまた意味が違いますね。このところ 毎日家着&スッピンで、なけなしの女子力が著しく低下中の身には眩しいほどのスイーツっぷりです。

こんなときだから、見るだけで わー って気持ちが明るくなるようなものを選んで買ってきてくれたんだろうなと思います。サスガすぎる ありがとう~!:゜・+。:*・'+,。

食べるのがもったいない けど、もちろん食べます。何なら自分でも作ってみたい…!
またお菓子づくり出来るのはいつ頃かな~
 

元気のもと

もう寝る時間なのに無駄にワクワクしているのは、今ラジオで『キャプテン翼』のテーマが流れたからです。こんばんは。サッカーバカは元気です。

でも別に『キャプテン翼』が“元気のもと”なわけじゃありません。

きのう・今日と、友だちがうちに来てくれて、ゆっくり話すことができました。こんな状況なので、話すことは震災のことが主なんですが、それでも、『友だちと話す』ことはなんて楽しいんだろう! と思いました。

ライフラインが寸断されて日常は狭くなって、シンプルでのんきでいいや と思う反面、世の中の動きに鈍くなるんだなぁ とか思ったり。

…それ震災関係ないか。私いつもだ。。。

どんな状況でも、より良く暮らしやすく動いている人はいるのです。私毎日超ぼんやり生きてたよ。流れに乗るにもホドがあるな自分、と思いました。

でも友だちと話すと、震災前の普通の自分の日常の感覚がちょっと起きてきた感じがして、とても楽しかったです。車が一台流されてなくなっちゃったり 道が悪くて私の運転許可が降りなかったり(どんだけ信用ないんだ)、今はなかなか自分で自由に動けないので、例えちょっとだけでも(もちろん友だち以外でも)、会いに来てもらえることはとてもありがたくてとてもうれしいことなのです。

みんなありがとう…!大好きだー!(>_<)


ところで 声がかれ気味な気がするのは、もしかして花粉症じゃなくてしゃべりすぎなの??
 

月夜

震災後、うがいをするのに毎晩外に出ます(下水も機能してないので畑でうがいしてます)。
少し前までは毎晩ものすごく寒くて、真っ暗な空に星がとてもとてもきれいでした。星ってこんなにおっきくキラキラ見えるんだ!と思って、毎晩外に出るのが楽しみでした。

この頃は、少し星が見えにくくなったなーと思っていました。だんだん春らしくなるにつれて空気が霞んでいるのもあると思うのですが、気づいたら、空がとても明るかったのです。月が出ると、夜の色がこんなにも変わるものなのか と思いました。
そして、震災から1ヶ月経ったんだなぁと、改めて実感しました。震災の頃も、毎晩上弦の月がとてもきれいで、どこにも電気のついていない景色を明るくて照らしていたのです。

満月の夜が好きなのは昔からですが、今は、満ちていく上弦の月も好きになりました。
真夜中に明るく昇る下弦の月は、もうとっくに寝ちゃってるのでなんと見れません。3月10日までの私が聞いたらひっくり返るかもね

ゴールデンタイムにちゃんと寝てるからか、ロクにスキンケアしなくてもお肌は絶好調です。何てこと!
 

『日常』ってナンダロウ??

妹のアパートに行ってきました。今日は時間があったので、久しぶりに、超久しぶりに、ツィッターや友だちのブログなどをたくさん見ました。ネットをつなぐとすぐ携帯の充電が減るので、最近は自分の送ったブログがちゃんと更新されてるかロクに確認もしてませんでしたが、拍手をくれている方がいたりしてオロオロしました。今さらですが、読んでくれている人がいるんだなぁと思ったら、なんだか急に ありがたくなりました。
長い独り言を…いつも読んでくれているみなさん、本当にありがとうございます!

久しぶりにいろいろ見てみたブログの中に、うちの市とは別の被災地に住む知人のブログがあります。安否確認のつもりで見てみたのですが、いつの間にか震災の日からの日記を全部読んでしまいました。
彼らも、私と同じような経験をして 同じようなことを感じて 同じような生活をしていたようですが、『“この津波で180°考え方が変わった”というのは嫌だ』、というようなことが書いてあったのがとても印象に残りました。『津波なんかに人生変えられてたまるか』と。なるほど!

私は逆に、いろんな面で『この津波を機に…』と思っていました。反対の考え方だ。
どちらもアリだと思いますが、本当に、対峙の仕方は様々で人それぞれなんだなぁと思いました。10対0になるかと思うような、こんな大きな出来事なのにね。おもしろいなー。

『“被災者”じゃなく“復興者”』というのもいいなと思いました。もうみんな、とっくに前を向いているんですね。

それから とても些細なことなのですが、ツィッターのみんなのつぶやきを見ていたら、なんだかものすごく『日常』を感じて、ホッとしました。震災前は、私もどうでもいいことをつぶやいていたんだよなぁ。

しばらく携帯が使えなくなって、携帯が復旧しても電気がなくて、こういう状況では 正直『ツィッターなんて生きていくのに必要ないものだったのネ』とか思って、日常が全て復活しても もういらないかなとも思っていたのです。
でも、みなさんのたわいないつぶやきにクスクス笑ったり、震災の支援関連の話に感激したりしていたら、やっぱり電気が復旧したらまた私も毎日つぶやくのかもしれないと思いました。

今まで通りの生活が何もできなくなって、日常が超シンプルになった震災直後は、『こんなに何もなくても生きるのに困らないんだ…!』と思いました。何もなさすぎて欲しいものも特にありませんでした。
少しずつライフラインの復旧が進むにつれて、だんだん欲しいものや必要なものも変化して、人間らしいこと(笑)に気持ちが向いてきましたが、今自分が不便を感じているものは本当に必要なものなのかどうかがよくわからなくなりました。

今は今の毎日が『日常』になっているのに、震災前の全てを元通りにすることが『日常』を取り戻すことになるのかな??


なんだか取り止めがなさ過ぎてもう消去したくなってきましたが…(毎日こんなんですが)
“瓦礫の街”は日ごとに状況が変わります。こうして書いておかないと自分でも意識が追いつかなくなりそうなのです。

…もう寝ろってことかしら。

ハピバがいっぱい

今日は漫画家友だちのデイジー(山田デイジー先生)のお誕生日です!
デイジーには年中お世話になっているんですが、今回の震災に関してはまたたくさんありがとうが増えました。そんなエンジェルはHAPPYで埋まってしまうといいよ!お誕生日おめでとう!!!

それから、同じく漫画家友だちの高上優里子ちゃん、3月23日がお誕生日だったんですが、その日はブログ更新できなかったので、今さらですが、一緒にハピバさせていただきます。おめでとうでした

春、3月4月は友だちの誕生日ラッシュです。プレゼントを用意していたのにまだ送れていない子や、準備できなかった子や、カードが描きかけの子や、結局みんなメールだけになってしまって残念でした。お手紙や物資を送ってくれた友だちにも、ほんとは全員にお手紙やカードを贈りたいところなのですが、
…いや、きっと送ります!みんなが忘れた頃に『なんだっけコレ??』という感じで届くかもしれませんが、きっと送りますね。みんなお誕生日おめでとう!&いつもありがとう!

自宅が被災した友だちに、先日誕生日おめでとうメールをしました。どんな言葉をかけたらいいのかちょっと悩みましたが、結局、『今の辛さが、これからの幸せのためになりますように』みたいな月並みなことを書きました。彼女の返事には、『辛くないよ』とありました。今、こういう経験ができてよかった と。
今この状況でそう言える彼女を頼もしく思って、私も元気をもらえたような気がしました。そしてもしそれが強がりなら、またはこの先変わってしまったときは、微力ながら力になりたいと思いました。

被災地以外の友だちが私たちを心配してくれるように、被災地にいる私たちも、遠くにいる友だちや同じ被災地の友だちのことを想っています。

早くまた、みんなとおしゃべりしたり笑ったりできるといいな と、楽しいことを想像しながら毎日を過ごせる私はだいぶ幸せ者なのかもしれません。(もしくは超のんき)
今笑えていない人も、早く笑えるようになるといいな。
 

縁 の不思議

震災から今日でちょうど1ヶ月経ちました。亡くなられた多くの方々のご冥福を、心からお祈りいたします。
そしてこの1ヶ月、たくさんの支援物資やボランティア協力をいただいたこと、全国・全世界のみなさんに感謝いたします。本当にありがとうございます。


週末、うちの地区の避難拠点になっている近くのお寺で、ボランティアさんたちが主催するイベントがありました。私はちょっぴり顔を出す程度にしか行けなかったのですが、正直予想以上の賑わいで、びっくりしました。

ダンボールやペットボトルなどで作った簡単なゲームに、子どもたちは列を作って夢中で遊んでいました。
地元の中学生が、切って食べるばかりになった野菜サラダをみんなに配って歩いていました。
焼きそばや綿あめ、豚汁、ビールなど、お祭りの屋台のようなブースがたくさんあって、全て無料で振る舞われていました。
家を無くしてしまった人たちのための、無料の衣類品バザーがありました。
どなたかボランティアさんの中にご親戚がおられる縁だとかで、ちばてつや先生の直筆メッセージ入りサイン色紙までありました…!

前日には、前に★浜のイベントやリブクロでもお会いした多喜子さんのライブもあったそうで、私も見たかったです。


どこの避難所もそうだと思いますが、毎日毎週、有名人からボランティア団体まで、本当にたくさんの方が差し入れや炊き出しなどに訪れてくださいます。避難所を運営している側の方々は、対応に大忙しだとも聞きます。イベントがあると、通常の配給物資の仕分け作業などができないのだそうです。

けれどイベントでみんながあんなに笑って楽しそうにしているのを見たら、やっぱり『何かしよう』と現地まで乗り込んで来てくれている人たちの思いは、確実に伝わるものなんだなぁと思いました。あの一角、本当に大人も子どもも思い思いに楽しんでいる光景が『避難所』だなんて、嘘みたいでした。


イベントでお会いした方が、“現地へ持ち込む物資について県に問い合わせたら『肉や魚、野菜などの生のもの以外』という回答だったので、『じゃあそういうものは不足しているんじゃないか??』と思って、それらを全部自分たちで調理して提供するばかりにできるような準備をして現地入りした” と話してくれました。
彼女は東京から来たという放送作家さんで、女性中心の会社を作っているという私と同世代の方でした。(美人さんでした) 仙台出身で三陸沿岸にも縁があったので、今回 実際自分の目で見なくては という思いがあったそうです。
被災地だけでなく、いろいろなところでいろいろな思いが動いていることを感じました。

普通に生活していたら絶対に出会うことのなかった人たちと知り合えたり、疎遠になっていた人とまた近しく連絡を取り合えるようになったりしたことは、津波がかき混ぜたものの中でプラスに働いた唯一の(今のところ)副産物だと思います。

新しくできた縁や、深くなった縁、それをこれからも大事につないでいって、いつかかけがえのないものになったときには、そのキッカケとなった『震災』も、ちょっとは憎たらしさが薄れるんでしょうか??
だったらいいな。

相変わらず、現実<理想 な私の、甘い考えかな(^_^;)
 

水を差すなってば

震災から約1ヶ月経って、あちこちで津波の後片付け作業が本格化しています。電気工事の車もたくさん見かけるようになって、その度に『がんばって!うちの地区にも早く来て!』と、見知らぬ作業員さんたちに声をかけます(心の中で)。

国道から海側はほぼ広く全滅した今回の津波において、うちの★浜地区は坂道が多いおかげで被害を免れた家も多くあります(うちもその中に入ります)。でもおかげでボッコボコな電柱も多く、復旧は一番最後、『一部の地域を除いて復旧しました』の、その“一部の地域”になってしまったようです。
電気がないのもなんかちょっと慣れてきたし、まぁ気長に待ちますが。田舎だから平気なことが、意外とたくさんです(`U´)v

しかしそんなせっかくの復旧ムードも、一昨日の夜のような大きな余震があると、ちょっと削がれてしまう感じでげんなりします。もー余震はお腹イッパイです(´ε`)
津波警報が出るとサスガに、夜中だろうが落ち着かないので、★浜民はみんな近くのお寺に避難しました。もう少々の津波が来たって海岸には何も残ってないんですが…、でも何ごとも起こらなくて本当によかった。
心配してメールをくれたみなさん、ありがとうございました。


今日は雨で何もできなかったので、ケータイの充電ついでにいろいろ用事に出かけて来ました。3.11の地震でひび割れて盛り上がっていたところが、今日通ったら今度はちょっと沈下して平らになっていました。地震の威力どんだけだ。
またあちこち屋根瓦が落ちたり道路が傷んだり、復旧作業の妨げになっていなければいいなぁと願うばかりです。


雨の日が憂鬱なのは 震災関係なく私は昔からですが、今のこの生活ではやっぱり 晴れるか雨かは大違いです。明日は晴れて、みんなの気持ちも明るく前向きにしてくれますように。

それくらいはお天道様にお願いしても、バチは当たんないよね~
 

久しぶりの漫画本

今日は デイジーが送ってくれた荷物が届きました!欲しいものを聞いてくれたので、『ラブリーとなかよし』をお願いしてみたのですが、他にもたくさん雑誌などを送ってくれていてびっくりしました。てか私の愛読雑誌が入っていて、ドッキリしすぎて笑えました。なぜわかったの!ありがとう!

うちの地元にはもともと本屋さんが少なかったのですが、今回の津波で全部なくなってしまいました。残った 町の小さな本屋さんは、地震以降に入荷したものは何もなく、次の入荷予定は4月8日だと言っていました(明日ですね)

この状況では本なんて後回し、というのは当然だと思います。それに今、漫画や雑誌なんて読む気にならない人が大半かもしれない、とも思います。正直、私も漫画を読むなんて、なんだか悪いことをしている気持ちに近かったりもしています。
漫画を読んだら気持ちが日常から飛ぶので、それが自分にとっても、良いことなのか悪いことなのかわからないのです。

震災後、初めて漫画を読みました。てか普通におもしろかった…。いろいろなことを考えました。

漫画を読んで日常からトリップすることは、いつもなら好きなことで楽しいことです。でも、今はそれプラス『のんきにこんなこと(好きなこと)してる場合じゃない…』とも思います。じゃあ何をするべきなのか。きっと、それを突き詰めて考えなくてはいけないのです。

毎日考え事が増えました。電気がないからでしょうか。
またしてもなくなりそうな携帯の充電に、早く電気が復活すればいい!と思いつつ、毎晩アホみたいにきれいな星空とアロマキャンドル(&仏壇のロウソク)の方が考え事向きだなぁ とも思ったり。
めっきり早寝早起きな近頃です。
 

thanksダイアリー

今年の手帳は 書き込み式のタイプを初めて買ってみたことを、前にブログに書きました。まだ今年が始まって3ヶ月、一応予定や目標などをいろいろ書き込んでいました。ベガルタの試合日程まで全部(バカ)。

震災後、手帳の使い方は一変しました。バイトの時間とかお出かけの予定とか本の発売日とかは、今の生活には一切関係なく、自分に課すその日のノルマもほとんどがどうでもいいものになりました。
今、手帳には その日会いに来てくれた人やいただいた配給物資などを書き込んでいます。前よりビッシリ使ってるかもしれない。

手帳には、『毎日のthanksを書き込みましょう』というスペースがあって、そこはいつの間にか空欄になっていました。はじめは何かしら探して書いていたのですが、すぐにマンネリになって飽きてしまって、意外と、毎日毎日何かに感謝したことを探すのは難しかったのです。

それが今は…!

親戚がガソリンの都合をつけて会いに来てくれた。
友だちのお母さんが携帯の充電器をわざわざ持ってきて貸してくれた。
看護師の友だちが夜勤明けで物資を買い込んで会いに来てくれた。
仙台の友だちが来てくれた後日、旦那さんも来てくれた。
友だちが『再生』の意味を込めた御守りを送ってくれた。
友だちが遠く九州からでっかいゆうパックを送ってくれた。
職場の上司とスタッフがみんなで会いに来てくれた。
ブログやツィッターにコメントをくれた、メールをくれた、電話をくれた、…

毎日毎日書ききれないほどのthanksがあります。

それから炊き出しや給水をしてくれている自衛隊の方々や、地域の避難拠点で一生懸命働いてくれている地元の方々、毎日顔を合わせるご近所のみなさんなど、感謝を感じないことを数えた方が早いくらいなのです。

きっと、本当は震災前から日常に感謝すべきことはあふれていたんだろうと思います。気付けなくなっていたんだと思います。
そして今、そんなことをしみじみ感じ考えているのは絶対に私だけじゃないと思うのです。

thanksダイアリー、まさかの大活躍です…!

毎日のたくさんのthanksに気付かせてくれたことを、津波に感謝する…

には…

あまりにも荒療治が過ぎましたけども。。。



なんだか…今日も道徳の教科書のような日記ですみません。そんな毎日です。調子狂うわ。
 
プロフィール

大原彩

Author:大原彩
★WELCOME★
★COLORFULJAM★

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
FC2カウンター
リンク
このブログをリンクに追加する
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。